高良健吾「覗いていたい。このままずっと―」 ベッド下にひそむ衝撃のビジュアル公開

2019/4/2 17:00 ドワンゴジェイピー news

高良健吾「覗いていたい。このままずっと―」 ベッド下にひそむ衝撃のビジュアル公開 高良健吾「覗いていたい。このままずっと―」 ベッド下にひそむ衝撃のビジュアル公開

高良健吾主演、今夏公開予定の映画「アンダー・ユア・ベッド」。メガホンを取ったのは安里麻里監督。黒沢清監督、塩田明彦監督の助監督を経て2004年「独立少女紅蓮隊」で劇場長編映画デビュー、キレの良い演出が高い評価を得た。2014年「バイロケーション」ではホラー要素と謎解きミステリー、人間ドラマを融合させ、各方面で絶賛を浴びた。その他の作品に大ヒットシリーズの三連作「リアル鬼ごっこ3・4・5」「劇場版零~ゼロ~」、米澤穂信原作「氷菓」など確かなファンを獲得している。原作は大石圭の同名小説。93年に「履き忘れたもう片方の靴」で第30回文藝賞佳作。他の著書に「殺人勤務医」「湘南人肉医」「復讐執行人」「飼育する男」「檻の中の少女」「人間処刑台」「甘い鞭」「殺人調香師」「あの夜にあったこと」等がある。

 

この度「アンダー・ユア・ベッド」待望のビジュアルと場面写真が初解禁となった。「覗いていたい。このままずっとー」今回解禁したビジュアルでは、高良健吾演じる主人公・三井直人が、11年前に一度だけコーヒーを飲んだ最愛の女性をベッドの下から覗く様子が具体的に明らかになってきた。男の眼前を青白く細い足が横切り、その様子を至近距離から虚ろな目でじっと見つめる…、とても異常な状態に身を置く男の様子を描き出す大胆で不気味なビジュアルが完成した。どのようにしてベッドの下に潜り込んだのか?「ずっと覗いていたい」男の異常執着体質はどこから生まれたのか。男がベッドの下から覗き見たものは一体何なのか。変質的ではあるが、どこか繊細で孤独な雰囲気を漂わせる三井の姿に妄想が掻き立てられる。30年間存在しなかった男の孤独に蝕まれた愛は、狂気となるのか―。ほか、木陰から女性を監視する高良、自宅から望遠レンズ越しに女性を盗撮する高良、観賞用のグッピーを食い入るように見つめる高良―の3点の場面写真も解禁となっている。


同作は、家族や学校、誰の記憶に残らず存在を無視されてきた孤独な男・三井直人が、学生時代に初めて「名前を呼んでくれた」女性との11年ぶりの再会を夢見て、追い始める処から始まる。しかし、目の前に現れた彼女は学生時代の頃のような輝きを失い別人のように変わっていた。何故?彼女に一体何が起こっているのか。男は、彼女に憑りつかれ監視するようになり、自宅に潜入しベッドの下に潜り込み、ベッドの上の彼女を想い過ごし始める。加速度的に暴走していく男。これは愛ゆえの盲目なのか、それとも狂気なのか―。愛する彼女への一途で純粋な思いと、異常で孤独な男の切なさ、繊細な役柄を高良健吾が演じる問題作。ドラマ「ごくせん」でデビュー後、「蛇にピアス」(08)で脚光を浴び、近年も「シン・ゴジラ」(16)「万引き家族」(18)「止められるか、俺たちを」(18)、今年公開「多十郎殉愛記」「葬式の名人」「カツベン!」など話題作への出演が続々控えている。“日本映画界に必要不可欠な俳優”として、着実にャリアを重ねる高良の新たな境地「アンダー・ユア・ベッド」楽しみに待っていよう。


監督:安里麻里

出演:高良健吾

配給:KADOKAWA

今夏 テアトル新宿ほか全国ロードショー

© 2019 映画「アンダー・ユア・ベッド」製作委員会

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント4

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ