高杉真宙が熱く語る、中川大志&宮沢氷魚のエピソード「画が持つ」「人としての完成形」【「賭ケグルイ」リレーインタビュー企画第2弾】

2019/3/31 21:32 NOSH

NOSH(ナッシュ) NOSH(ナッシュ)

ドラマ『賭ケグルイ season 2』、『映画 賭ケグルイ』にて、ギャンブルでの階級制度が存在する私立百花王学園で主人公・蛇喰夢子(浜辺美波さん)に振り回される鈴井涼太を演じた、高杉真宙さんによる単独インタビュー後編をお送りします。

前編では、特異なキャラクターを演じる楽しさ、さらには映画版にて初めて賭場デビューとなった「胃が痛くなる」ような心境を、赤裸々に語っていただきました。

引き続き、後編では、ドラマに出演する中川大志さん&映画に出演する宮沢氷魚さんとの素敵なエピソードを教えていただきました!

出典: NOSH(ナッシュ)

Q:season 1からずっと同じ役を時間をかけてやっていく面白さ、難しさなどを感じていますか?

高杉真宙(以下、高杉):僕にとって、初めての経験でした。同じキャラクターを演じられるのは、やっぱりうれしいものでしたし、「また出会えるんだ」と思うんです。僕自身が新しい物語を観たいと思える作品なので、この子たちがどんな風に生きているか、すごく興味があるというか、自分で作っていけるのがうれしいです。

ただ、すごく難しさもあります。season 1から今回の撮影まで、半年くらいの空きだったんです。半年間だとしても、なかなか思い出してくれないんですよね。家で練習していても、自分のテンションがわからなくて……パーンとはまる「これだ!」という気持ちは、現場で誰かと掛け合いをするときに掴めた感じでした。

Q:役作りにあたり、season 1を見返したりもしましたか?

高杉:しました。声のトーン、テンション、動きを思い出す作業に関しては、見るのが一番早かったです。どんな思考回路なのかと、台本を読み返したりもしました。今回、ゲームに参加したからというのもあるんですけど、「鈴井くんだから、この手を出すんだ」というのがあるので、そこもすごく面白いなと気づきました。ゲームのところに関しては、全部つじつまが合うようになっているので、本当に特によく練られていますし「面白い!!」と興奮してしまいます。

出典: NOSH(ナッシュ)

Q:NOSHでは、中川さん、宮沢さんとリレーでインタビューをしていくのですが、おふたりとの共演の思い出などあれば、ぜひ教えてください。

高杉:大志とは撮影で一緒にならなかったんです。現場ではちらっと見ていて……、噂を聞きました。

Q:どんな噂ですか?

高杉:「豆生田くんと夢子の決戦シーンが、近づけないほど迫力の闘いだよ」っていう噂です!僕もちらっとですけど、見ただけでそれは感じました。僕は観客側で少し遠くから撮っていたんですけど、入るだけで汗をかくような熱量があるというか。自分の役柄的に、空気を壊していく立場だったので、監督に「ここで大声出していいんですか……!?」と聞いたりもしました(笑)。それくらいすごい戦いで……、それは「中川大志だから」というのがあると思っています。本当にさすがだなと思いました。

Q:おっしゃる通り、本当にすごいシーンで「画が持つ……」と感嘆しました。

高杉:そうなんですよ、わかります!!しゃべっていなくても画が持つことって、空気感でしゃべっているようなものじゃないですか。何も考えていないで撮影現場に立つだけだと、自分自身が気持ち悪いんです。

たとえ座っているシーンでも「何をしたらいいんだろう」と考えている時間=素に戻っているので気持ち悪い時間なんですけど、あのシーンはそんなことが一切ない空気感でした。さすが……あのふたりだからだ、と。浜辺さんは毎回その空気を作っていますし、その中で大志だからこその闘いだったんだなと思います。

出典: NOSH(ナッシュ)

Q:俳優さんならではの目線とお話ですね、ありがとうございます。

高杉:いえいえ。あと……宮沢さんは、今回僕「はじめまして」だったんです。この現場って本当に……女性しかいないんですよ。僕は人見知りなので、2回目とはいえ、特に女性とは何を話していいかわからず、緊張するんです。でも矢元(悠馬)さんや宮沢さんがいるだけで、すごく心強かったです!

特に今回、宮沢さんとは撮影中ずっと一緒なのもあって、ちょこちょこ話をさせていただきました。宮沢さんは……何というか……僕の中では神様が創造した中で「上位なんだろうな」と思える、人としての完成形なんです!

Q:高杉さんがそんな風におっしゃるのは珍しいですね。

高杉:背が高くて、あんなに心優しい性格で、イケメンで、スタイルがよくて、雰囲気があって……!「もう、何だろう!すごいな!」と思います(笑)。あの衣装が似合う人って、あまりいないと思いますし。

僕、1回だけ現場が終わった後、たまたま道端で会ったんですよ。「背が高くて、なんかすごい人が前から歩いてくるな……」と思って見たら、宮沢さんだったという(笑)。素敵でした……。

出典: NOSH(ナッシュ)

Q:たくさんのエピソード、ありがとうございました。最後にNOSH読者に一言、お願いします。

高杉:いつもありがとうございます。『賭ケグルイ』をドラマ版からぜひ観ていただきたいんですけど、たとえ観られなくても、映画は楽しめる仕上がりになっています。けど、ぜひ両方よろしくお願いします!(取材、文:赤山恭子、写真:上野裕二、スタイリスト:堤紗也香、メイクアップ:石橋修一)

出典: NOSH(ナッシュ)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント4

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ