女子大生のお金事情を調査……平均月収は7万円、“社長”といえば「はじめしゃちょー」よりあの社長がランクイン!

2019/3/27 08:00 Suits-woman.jp

「JK」と呼ばれる女子高生とは違い、「JD」とはあまり呼ばれない女子大生。女子高生より段違いにお金を稼ぐことができる自由や地位もあるけれど、まだ自立はしていない彼女たち。JKのように記号化されにくいには、そんな微妙な立場にも関係しているかもしれません。

ガールズバー、撮影モデル、イベントスタッフ……今どきのアルバイトは多種多彩

「株式会社 KIRINZ」ではそんな女子大生500名を対象に、「アルバイト・収入」に関するアンケート調査を実施。まずは今どきの女子大生のアルバイト状況について調査したところ、以下のような結果となりました。

 

女子大生500名のアルバイト状況

1位 飲食店……138人

2位 していない……54人

3位 塾講師……38人

4位 カフェ……34人

5位 BAR……23人

6位 ガールズバー……15人

7位 売り子……11人

8位 イベントスタッフ……9人

9位 撮影モデル……7人

 

圧倒的に多いのは「飲食店」。続いて「していない」となり、3位には「塾講師」がランクインしていました。これは堅実女子が大学生だった時代と、おそらく変わらないのではないでしょうか?

その一方で昔はあまりなかったのは7位の「ガールズバー」。ガールズバーは2006年ごろから登場したショットバーで、大きな特徴は女性のバーテンダーが接客すること。ちなみにキャバクラなどとは違い、ガールズバーはあくまでも飲食店に分類されます。とはいえ「お客さんからドリンクをもらう」というノルマがある場合も多く、人気商売となっている面も。ただその分、時給は通常の飲食店よりも割高です。

また9位の「撮影モデル」も昔はなじみがありませんでしたが、最近は美容師の作品撮りでモデルになったり、SNS広告用の撮影モデルといった仕事があるようです。

女子大生にとって社長といえば、はじめしゃちょーより前澤社長!

また女子大生がアルバイトで稼ぐ月収の平均を調べたところ、結果は以下の通りとなりました。

女子大生のうちから月20万円以上稼いでいたら、普通に新卒社会人として働くのばバカバカしくなりそうです。

一番多いのは「7万1000 円~8万円」。同調査によると時給平均はだいたい1000円から1199円くらいだそうで、毎週平日に時給1000円換算で月8万円働いたと考えると、1日4時間平均働いていることになります。学業と両立するには、けっこうハードではないでしょうか?

一方で、「20万以上」という強者も500人中7名います。同調査によると、その中の1人は芸能の仕事をしながら 「Instagram」などの SNS でインフルエンサーとして PR の仕事をしたり、また動画配信アプリ内での課金システムによる “投げ銭機能”で月収 100 万円を稼ぐケースもあるそうです。ちなみに投げ銭とは、動画やコンテンツが気に入った場合、作成者に少量のお小遣いをあげることができるアプリ機能。感覚としては大道芸人にチップをあげるのと同じです。

さらに同調査では、そんな女子大生に対して「社長といえば誰?」とアンケート。自らお金を稼ぐ女子大生が社長といえば思い浮かぶのは誰でしょうか?結果は以下の通りです。

2位は「私が社長です」でもおなじみ、アパ社長こと元谷芙美子さん。そこにはじめしゃちょーが並ぶのはある意味すごい?

 

日本一のユーチューバー「はじめしゃちょー」をおさえて1位となったのは、圧倒的大差でZOZOの前澤友作社長。前澤社長といえば自身のツイッターのフォロワー100 人に100万円をプレゼントするお年玉企画が大きな話題となりましたが、女子大生へのインパクトは抜群だったようです。

そんな女子大生も、数年たったら多くは社会人になります。大人でも子どもでもないフワフワとした女子大生生活、思う存分満喫してほしいものです。

 

【調査概要】
調査対象:株式会社KIRINZ
調査期間:2019年2月15日~3月1日
調査対象:都内大学に在学している女子大生
回答人数:500名
調査方法:インターネット調査

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント8

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ