【特別メイキング映像 第6弾】J・K・シモンズ主演『カウンターパート/暗躍する分身』第6話の見どころ、スパイ「シャドウ」の正体が明らかに...

2019/3/26 12:00 海外ドラマNAVI

WOWOWプライムにて独占放送中の『カウンターパート/暗躍する分身』。映画『セッション』でオスカーを獲得したJ・K・シモンズが、主演・製作総指揮を務め、並行世界や人物の入れ替わりなど複雑な仕掛けが重なるSFスパイスリラーから、各話の見どころや舞台裏を紹介する特別メイキング映像が公式サイトにて公開中。第6話のタイトルは「偽りの人生」。本話のラストで、製作側が温めてきたシーズン1の核となる秘密が明かされる大事なエピソードだ。「その人を愛するなら、その人のついた嘘も含めて愛せ」というメッセージを本作に込めたと、脚本・製作総指揮のジャスティン・マークスは語っている。

シーズン1全10話の放送に合わせて10本製作されたミニ番組は、公式サイトにて毎週火曜日に更新、公開している。作品のコンセプトや設定、登場人物の説明、各話の秘密や製作の裏側についてクリエイター自身が語る貴重なメイキング映像だ。

今回公開となった特別映像でマークスは、別世界のハワードの友だちへの接し方が非常に興味深いと語る。殺された友だちの妻を守ろうとする別ハワード。そして全てがウソだったと妻が気づく場面はとても印象的で重要だと話す。なぜならそこには「真の姿ではなく、理想の姿を愛せ」というメッセージを込めたからだとマークスが明かす。別世界のハワードはそこで「本当に愛してたならウソごと愛せ」と友人の妻に伝えるが、クリエイターのマークスも、「ウソを愛する方がいい時もある」と述べ、それが今シーズンの重要なテーマかもしれないと伝えている。

情報漏えいを指摘された裏世界のスパイ養成学校育ちの「シャドウ」の正体は、クレアだったと明かされる第6話。そしてスパイ探しをしていた表世界の国連諜報機関で働くクエイルとの驚くべき繋がり...。クレアの本作での役割は想像以上に重要で、彼女の秘密は今後さらに明らかにされることになるという。

【第6話特別メイキング映像はこちら】


これからさらに発展させたいアイデアがあるとマークスが語る『カウンターパート/暗躍する分身』。キャスティング情報やレビューなどは海外ドラマNAVI作品データベースをチェック!

■『カウンターパート/暗躍する分身』(全10話)放送情報


■『カウンターパート/暗躍する分身』(全10話)放送情報
2月12日(火)夜11:00よりWOWOWプライムにて放送中
毎週火曜 夜11:00~[二]毎週水曜 夜10:00~[字]
放送終了後、WOWOWメンバーズオンデマンドにて各話見逃し配信
公式サイトはこちら

(海外ドラマNAVI)

Photo:『カウンターパート/暗躍する分身』
(c)2018 Sony Pictures Television Inc. All Rights Reserved.

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント0

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ