スムーズなお産を目指してやったこと。私の初産体験記

2019/3/25 22:00 赤すぐnet みんなの体験記

出典:赤すぐ 出典:赤すぐ

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

私は食育指導士という仕事をしていたので普段から食事には気を付けていました。洋食より和食、毎日お味噌汁、冷たいものは控え、飲み物はお水かルイボスティーの常温、おやつはナッツやフルーツやドライフルーツ。

お菓子も食べたくなりますし完璧にはできませんでしたが赤ちゃんの為と言い聞かせて出来る限り頑張りました!笑

そのお陰か、妊娠中体重も 6kgでした。そして出産後、入院してる間に体重は元に戻りました。

出産後に助産師さんに、「妊娠中の食事結構気を付けてた?」と聞かれました。

「胎盤がすごく綺麗で、出血も少なく、なにより入院が決まってから4時間半の安産でお産が本当にスムーズだったので、気を付けてたのかな?と思って」と助産師さんに言って頂きました。

もちろん食べものだけが全てではないですが、やはり食べたもので自分の身体も赤ちゃんもできているので関係してるのかもしれないなと改めて感じた瞬間でした。

関連記事:みんなが幸せ、みんなが笑顔になれるお産、ソフロロジー式分娩法で出産!

食事の他に、私はとにかくよく歩きました。お家から駅まで30分ほどありますが、仕事の時は毎日歩き、産休に入ってからも週に3~4日は歩きました。普段からなるべく乗り物に頼らず歩けるところは歩いてました。そして産院のマタニティヨガにも通い簡単なポーズは家でもよくしてました。スクワット、開脚など股関節を柔らかくするものは比較的取り入れて行ってました。

私が一番不安だったのは、いつ陣痛が来るのかでした。とにかく予定日まで予定を詰め込んでいたので予定日に生まれて~と思いながら、赤ちゃんの体重が大きめだと知った検診の日には予定日まで持たないかもと心配になりました(笑)

実際、予定日より12日早く3kg越えて生まれてきてくれました♪

予定日より早かったので予定は全てキャンセルになりましたが、陣痛が来た日は生理痛のような痛みがあり夜中に目が覚めました。そのあとすぐおしるしがきました。そして夕方まで家にいて熱めのお湯に使ったりスクワットしたりして主人が帰ってくるのを待ちました。

2~3回、病院には電話して様子を伝えましたが、初産だからまだまだと言われ、喋れなくなるぐらいの痛みが来たら病院に来てくださいと言われました。

それに近い痛みが来るまで頑張りました!

本当にそこまで我慢したので病院ついてからは子宮口もすぐ開き、あれよあれよと出産を迎えました!

不安なことがあったらすぐに電話して大丈夫です。私もこんなことでいいのかな?と思うことでもすぐ電話して聞きました。不安になってることが赤ちゃんにも伝わるかなと思ってしまったので。

そして、出産は立ち会い出産でしたが本当によかったと思いました!

主人がいて腰をずっとさすってもらってました。場所が少しズレてても(笑)、それでも誰かいてくれることの安心感が本当にありがたかったです。

助産師さんは本当に神様のようでした。

助産師さんに行かないでー!と何度も言いました(笑)

この世にこんな痛みが存在するのかと、早く赤ちゃんでてきてー、と何度も思いましたが、本当に生まれてきてくれた瞬間にその痛みはなくなりました。

女性って強いなと、世界中のお母さんを尊敬しました!

赤ちゃんはかわいくてかわいくて仕方ありません。

今から出産を迎えるみなさまも、今からでも遅くないと思うのでお食事の取り方を気を付けること本当にオススメです。皆様が楽しく出産を迎えられ幸せがたくさんたくさん待っていること願っています!

関連記事:心は菩薩、呼吸は火消し。助産師さんも驚いた!リラックスして陣痛を乗り切る方法 by 今じんこ

著者:Hina

大阪在住の29歳です。

現在、1ヶ月を過ぎた長女の子育て真っ只中です♥️

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。


このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント0

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ