土日になると…独身と偽り不倫を目論む「既婚ゲス男にありがちな特徴」 105

2019/3/25 20:40 anan総研

土日になると…独身と偽り不倫を目論む「既婚ゲス男にありがちな特徴」 105 土日になると…独身と偽り不倫を目論む「既婚ゲス男にありがちな特徴」 105

今やネットやアプリを通じて気軽に異性と出会う機会が増えましたよね。お見合いや結婚相談所のような気合いの入った婚活をせずともアプリを使えば、時間もお金もそこまでかけずに相手を見つけられるというもの。しかし、手軽な出会いは全員がそうだとは言いませんが、既婚者なのに独身のふりをして浮気を目論むゲス男も少なからず存在します。そこで今回は、婚活アプリのユーザーに聞いた、怪しい男を見抜く方法と対策をご紹介します。

日中は連絡取れるのに夜は既読スルー

ananweb 編集部

【リアルな夫婦生活】vol. 103

「私が出会った男性は、イケメン・高収入おまけに身長も高くとどこからどう見てもハイスペック。さすがにこんな理想的な男性が30過ぎまでフリーなはずがないと思って会ったその日に『ご結婚されてませんよね?』と確認をとりました。もちろん、その問いに対して彼は笑いながら『アハハ、してませんよ!』とあっけらかんとしたご様子。

でも、いざお付き合いが始まり1か月も経つとあるルーティンに気づいたんです。それは日中は連絡が頻繁に取れるのに、平日の夜・土日は一日全般的に連絡が来なくなるんです。週末も時々デートすることはありますが、基本的に仕事終わりに会うか私が休みの日(平日休み)の日中にデートするかという限られた時間なのですよね。それで、問いただしていくとあっさりと白状! 最悪です」(26歳:接客)

結婚願望はないけど、会いたいと言ってくる

ananweb 編集部

「『婚活アプリって、大前提として結婚したい男女の出会いの場ですよね? その前提なしで登録する男たちがいるなんて本当に迷惑極まりない。婚活アプリでやりとりをしていた男性は、好みのタイプではなかったものの、お互いにサッカー好きという共通の趣味があって初回のご飯会以降、隔週に1回ほどの感覚でデートを繰り返していました。

相手からのさりげないアプローチもあり、次のデートでいよいよ付き合うのかなというタイミングだったのですが……。私からLINEで何気なく『もし結婚するとしたら、どういう家庭にしたい?』という結婚を感じさせるような質問をしたら急に冷めたような感じで『実は俺、結婚願望がないんだよね(^^:)』とひと言。これだけでも詐欺だ!って思ったんですけど、そのあと続けざまに『でも〇〇ちゃんのことは好きだから、これからも会いたいんだけど』と都合の良いフォローがありました。ここで怪しいと思い、内緒で相手の実名をFacebookで検索したんです。そしたら、妻と子どもと一緒にいる姿の写真が公開されていて、もうほんっとうにガッカリ!」(27歳:カメラマン)

怪しいと思ったら考えたい! 対策チェックリスト

ananweb 編集部

1:実名を検索
2:土日もしくは夜22時以降に電話する
3:休みの日に何をしていたかを聞いてみる
4:写真を撮ってSNSにアップしていいか聞く

気になった彼の実名を検索した結果、企業インタビューに彼の記事が掲載されていて、その内容で既婚者だと発覚したというエピソードも聞きます。そのため、実名がわかっているようであれば、そうしたネット上の情報を検索するのも効果的かもしれません。初回で会社の名刺をもらっておくと、偽名を使っていないかどうかも分かるので、対策として心得ておくと良さそうです。

また、2と3に関しては家族と一緒に暮らしている男性の場合はボロが出やすいのですが、単身赴任などでひとり暮らしをしている男性だと見抜けないことが多いです。そうした場合は「SNS用に写真を撮ってアップしたい」と言うほうが効果的。何かと理由をつけて頑なに写真を撮らせてくれない場合は、ややグレーと考えるべきかも?

もし万が一既婚者だったら?

最後にもし相手が既婚者であることに気づかずに、お付き合いをしてしまった場合。状況によってはあなた自身が相手の奥様に訴えられる可能性もあるので、当然ですが既婚者だと発覚してからはお別れをしましょう。

そのさい、理想的なのは既婚者だと知らずに付き合っていたということを証明する物的証拠を残しておくことです。事前にLINEやメールで「結婚していないですよね?」と確認を入れるようにしましょう。そして質問に対する相手の返答を含めてスクリーンショットして画像として残しておくことで、万が一アナタが訴えられても無実を証明できるよう対策だけはしっかり打っておいて。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント1

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ