音羽紀香が超ハイレグで脚線美披露 「見えないかとハラハラしました」

2019/3/24 22:01 しらべぇ

音羽紀香

94センチの美巨尻が生み出す脚線美が魅力の人気グラビアアイドル・音羽紀香ちゃんが、新作イメージDVD『そのままの君を愛せたら』(男気屋)を発売。

東京・秋葉原で行われた発売記念イベントに、しらべぇ取材班も突撃した。

 

■絶品台湾料理に大満足

音羽紀香

5枚目となる本作は、昨年末に台湾で撮影されたもの。

「これが2回目の台湾ロケだったんですけど相変わらずご飯が美味しくって。ずっと食べ物のことばっかり考えていて、一緒に行ったスタッフの中でも私が一番ご飯屋さんを探していました(笑)。今回一番美味しかったのは北京ダックです」と、現地では台湾料理を満喫していたようだ。

 

■潜入捜査官に変身

音羽紀香

「今回は私が日本の公安警察になって、台湾に潜入捜査するというお話になってます」と、本格派ストーリー仕立てになっている本作。

「バレないように色んな格好に変装して、弁護士になったり、スポーツジムで汗を流す女の子だったり、大人のお店の人だったり、色んな人に変身しながらボスに辿り着くんですよ」とあらすじを紹介してくれた。

■今作から肌の露出が増加

音羽紀香

ストーリーの合間にはセクシーなショットが満載で「今回から肌の露出がすごく増えたんです。例えば、今までだったら手ブラだけだったところが、下も手で隠すようになったりして、『これは見えてるんじゃないかな』ってすごくハラハラしました(笑)」と振り返る。

中でもお気に入りのシーンを尋ねると「弁護士のシーンがすごく気に入っていた、すごく堅い格好なのに乱れていってしまう、そういうギャップが私は好きなんです」と語った。

 

■アクションシーンとセリフに苦戦

音羽紀香

撮影時には苦労も多かったそうで「作中にアクションシーンがあるんですけど、急遽カメラマンさんとマネージャさんを敵に見立ててパンチやキックをして…。このシーンは一番撮り直しが多かったです。セリフも今まで一番多かったですし、覚えるのも大変でした。やっと言えたと思ったら音楽が流れてきて撮り直しになってしまったり…(笑)」と苦笑い。

そんな思い出深い本作を自己採点してもらうと「アクションにも挑戦しましたし、自分の中では結構頑張ったので、80点くらいはつけたいですね」と笑顔で答えてくれた。

 

【音羽紀香(おとわ・のりか)】

1990年9月12日生まれ/T167・B84・W60・H94/血液型:A型/趣味:お菓子・パン作り/特技:空手

(取材・文/しらべぇ編集部・びやじま)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント17

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ