松本人志と“ワケあり美人”演歌歌手、人気芸人は“メンチカツ”の仲? ご近所芸能人エピソード

2019/3/24 18:00 リアルライブ

ダウンタウン・松本人志 ダウンタウン・松本人志

 プライバシーが守られるためのマンション選びは、有名人が引っ越す際の肝である。信頼を置ける有名人から紹介されるパターンや、ハイセキュリティーな物件を扱う不動産業者を介することが主だが、隣近所、同じマンション棟内に住んでいる住民の顔を知らないことが、花の大都会・東京では多い。ロビーやエスカレーター、廊下などで偶然出くわして、「一緒だったんだ……」と初めて知ることも少なくないという。

 互いが芸能人である場合、それはより顕著だ。ダウンタウン・松本人志も、かつてはそんな経験をしている。事情に詳しい女性週刊誌の取材記者は言う。

 「松本さんが、地元の兵庫県尼崎市から東京に出てきて間もない頃に住んでいたマンションには、大物演歌歌手の藤あや子さんがいたそうです。しかも、同じ階。数軒離れたご近所さんだったのです。当時の藤さんはまだ、今ほど知られた存在ではなかったので、松本さんは“ワケあり美人”だと思っていたそうです」

 偶然見かけたことで、一方側だけが知っていたという例でいえば、アンタッチャブル・柴田英嗣も同じだ。山崎弘也と組んで『M−1グランプリ2004』で優勝し、ようやく芸能人らしい住処にたどり着けたころ、そのマンションの最上階のペントハウスに住んでいたのは、サッカー元日本代表の前園真聖だった。降りてきた階を確認すると、そのマンションでいちばん高い家賃。さすがの大物ぶりに、M−1王者は感嘆したという。

 最近になって一部週刊誌で明らかになったのは、博多華丸・大吉の大吉と千鳥・ノブだ。ノブは、12年に活動拠点だった大阪から単身で上京していたが、15年に東京で、妻と2人の子どもとの同居生活をスタートさせている。このマンションに先に住んでいたのが、年齢も芸歴も先輩にあたる大吉と妻。しかし、ノブは、大吉より階上。家賃もその分、お高め。先の前園同様、最上階のペントハウスだという。

 ちなみに、ここは超売れっ子芸人マンションだ。大御所・明石家さんまを差し置いて、昨年から芸人好感度№1のサンドウィッチマン・伊達みきおも、妻子と住んでいるのだ。「いいメンチカツが入ったから」と伊達の愛娘がノブ宅に持ってきてくれたことがあったというから、ほのぼの交流があるようだ。

 芸能人が交際時、マスコミ対策のひとつとして、同じマンション内に部屋を借りることがあるが、その末にゴールインしたのが、女優・桐谷美玲と俳優・三浦翔平。また、一時期交際のウワサがあった女優・高畑充希と俳優・坂口健太郎も同じマンションの住人同士だ。さらに先月、事務所の後輩で4歳年下のイケメン俳優・中林大樹と電撃再婚した女優・竹内結子の場合は、親友のお笑い芸人・イモトアヤコが同じ棟内にいる。

 まさにスープが冷めない距離で住み合う売れっ子たち。家賃の高さに比例した住人ラインナップは絢爛豪華。バカ稼ぎしている証拠といえよう。
(伊藤雅奈子)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント2

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ