テキサス人は肉より牡蠣が好き? オースティンで食べたメキシコ湾産生牡蠣が絶品

2019/3/23 23:46 しらべぇ

日本人のイメージするテキサス人の食べ物といえば、やはりステーキだろう。魚介類はあまり食べず、肉食といった印象がある。

だが、テキサス州オースティンに住むバーベキューの達人・ジョナサンさんによると、テキサス人はとある意外な魚介類が大好きで、肉よりも好きな人も多いという。

 

■クオリティシーフードマーケット

ジョナサンさんが連れていってくれたのは、オースティン郊外にある『クオリティシーフードマーケット』という、イートインもできる鮮魚店。

店内には近海で獲れた魚がまるごと売られており、ややダイナミックな印象だ。

 

■店内はバーのよう

飲食コーナーはまるでアメリカンなバーのような感じで、平日昼にもかかわらず多くのテキサス人がお酒や魚介類を楽しんでいた。

「今日のおすすめは何?」と詳しく店員に聞き、オーダーするジョナサンさん。日本の魚屋と主婦のやり取りのような感じである。今回彼が注文したのはなんと…

■おばちゃんがその場で剥く生牡蠣

メキシコ湾産の生牡蠣で、その場でおばちゃんが殻をむいてくれる超新鮮なもの。

テキサス州にはメキシコ湾があるため、牡蠣以外にもカニなど魚介類が豊富。とくに牡蠣はテキサス人に人気が高い魚介類なのだという。

 

■1ダースの価格も激安

料金は12個(1ダース)で19.99ドルと、日本のオイスターバーで食べるよりもはるかにリーズナブルで驚き。

「ホースラディッシュやレモン、カクテルソースをほんの少しずつ牡蠣に乗せて食べるのがテキサス流さ」とオススメされたので、そのとおり食べてみると…!

 

■日本の牡蠣よりマイルドで美味

うっ、うまーーーい!! 日本の牡蠣は強い磯の香りがして濃厚だが、ガルフオイスターは非常にあっさりしており、牡蠣独特のクセが苦手な人でも余裕で食べられそう。

こちらのカキフライはフリッターのように揚げられており、シンプルにレモンかタルタルソースでいただく。中がレアでほどよく加熱されて旨味が凝縮され、たまらなく美味。

■オイスターロックフェラーに悶絶

極めつけは、牡蠣剥きおばちゃんもオススメの『オイスターロックフェラー』。

牡蠣にチーズとほうれん草を乗せてグリルしたもので、牡蠣の味が強すぎないため濃厚なチーズとよく合う。こちらもムチャクチャウマい。

 

■冷蔵庫になぜかマルちゃん焼きそば

なぜか冷蔵庫には日本のマルちゃん焼きそばがあった『クオリティシーフードマーケット』魚好きの日本人が行っても絶対楽しめる店であった。

魚介好きのテキサス人という日本人的に意外な体験もできるので、オースティンに行ったらぜひ寄ってみよう。

(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント22

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ