怖がりさんがホラー映画を観る方法

2019/3/23 22:00 ギズモード・ジャパン

Image: Gizmodo US Image: Gizmodo US

邪道と言われてもいい。

Netflixの『Bird Box/バード・ボックス』、話題になってましたよね。特に興味があったわけではないんですが、ネットで色んなことが言われいるのを見て、みなさんが笑っている元ネタが一体なんなのか気になり始めちゃいました。WikipediaとNetflixの予告を見る限り、どうやら体がギュッとなるようなスリラー系の映画だということはわかりました。というわけで、私、バード・ボックスを「ざっと流し見」しました

ネタバレで心の準備

「映画をざっと流し見?」と友達にびっくりされましたが、そう、飛び上がりそうなこと、もしくは怖そうなことが起こりそうな雰囲気になったら、ちょっと待った! と再生バーのところにカーソルをささっと持っていきます。これから起こりうる怖いシーンのあたりまでカーソルを持っていくとその場面の静止画がポンと現れますよね、それで何が起こるか把握して、心の準備をしてから見るのです。自分で先にネタばらしをするので、怖さ控えめで見られるというこの私のテクニック。

友だちと一緒だったり、映画館で見たりする時はこのテクニックは使えないので、手で目を覆って指の間からちょろっと見たりしてやり過ごします。家でパソコンで見る時は、本当に一切、恐怖感や緊張感が一切楽しめないので、ネタバレテクを使います。登場人物が「わかるでしょ、そっちはダメだってば!」というダメな選択をドンドンして行くのを見ているのがとにかくツライ。なので、やっぱりざっと流し見をしちゃうのです。

おかげで心配性も見れるようになった

私は本質的にとっても心配性な人間ですが、それでもホラーやサスペンス映画が好きなんです。実際に映画を見ずにWikipediaで内容を読んでしまって終わらせてしまうことだってあります。でも、とは言うものの、ドラマや映画は見ないと楽しめないってわかっているので、怖いシーンをざっと流し見で見てしまうのです。

もちろんクリエイター側が意図とするサスペンス体験をちゃんと受け取っていないと思われてしまうのは仕方ありません。怖がりって呼ばれるのも覚悟の上です。でもテクノロジーの進化のおかげで、私はこうしてホラー映画をうまくカスタマイズしながら自分が見られる方法を編み出したのです。話題のホラー映画を見たい、でも怖いのはどうしても苦手、でも見たい、という私のような方は、ぜひカーソルを怖いことが起こりそうな部分に合わせて自分にネタばらししてから見る、という方法、やってみてください。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント0

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ