鈴木康介、恋愛リアリティーショー出演でモテ度に言及「ちょっと悔しいなって気持ちはある」

2019/3/23 08:14 NOSH

NOSH(ナッシュ) NOSH(ナッシュ)

AbemaTVで大好評放送中 の恋愛リアリティーショー『白雪とオオカミくんには騙されない』(以下『オオカミくん』)に出演している“こうすけ”こと、鈴木康介さんへの単独インタビュー後編をお送りします。

前編では、鈴木さんにプライベートにまつわる質問に、たくさん答えていただきました。

引き続き、後編では、鈴木さんの今の気持ちや、出演を経て変わったこと、自分のモテ度に関しても、あけすけにお話していただきました!

出典: NOSH(ナッシュ)

Q:いわゆる恋愛リアリティーショーに出るにあたって、ストレスはなかったんですか?

鈴木康介(以下、鈴木):そんなになかったかもしれないです。もし、僕が物事をめっちゃ考える性格だったら、いろいろ「きつい」となっているかもしれないですけど……あまり僕は考えないので、何も気にしないようにやっています(笑)。

Q:強いて挙げるなら、何が「きつい」ことですか?

鈴木:一番は自分でデートプランを考えたりすることです。そこのセンスを問われるというか、自分のデートプランが全国の視聴者の方に見てもらえるので、「康介、センスないな~」と思われたらどうしよう、というプレッシャーはあります。「あんなデート、あり得ない!」とか言われたら、やっぱりへこみますし……。

出典: NOSH(ナッシュ)

Q:出演者の皆さんで作品作りもされていますよね。作業がきっかけで親密になることもあったり?

鈴木:そうですね。デートをするときに関係がよくなったりもするんですけど、アトリエの作業で物事を聞いたり、教えたり、協力し合いながら、という瞬間は、本当に素が出るんですよ。「不器用だな」とか笑い合っているのも楽しいですし。もしかしたらデートよりもいいかも、というときがたまにあります。すごく楽しいです。

Q:出演されている10名は仲良しな感じですか?意外にドライだったりもしますか?

鈴木:本当にめちゃくちゃ仲がいいです!僕はもともと人見知りなので、緊張もあって、最初あまり馴染めなかったんです。いきなりで緊張するじゃないですか!?それが気取っている感に捉えられてしまったこともあったんですけど、段々となじんでいって、たくさん話すようになったら、みんなからいじられるようになって。普段いじられ慣れていないので、ぎこちない感じでいじられています(笑)。

Q:鈴木さんにとって、『オオカミくん』メンバーは友達、仲間、戦友、言うならば何にあたるんでしょう?

鈴木:めちゃくちゃ仲はいいのに、プライベートで遊びに行ったりする友達とはまた違った不思議な関係で。自分たちでいつも言うのが「俺ら、長い付き合いになりそうだな」って。

出典: NOSH(ナッシュ)

Q:誰と一番仲がいいとかは、あるんですか?

鈴木:やっぱり、さなり!めちゃくちゃモテているんですよね~。モテるんだろうな、というオーラは出ていたので、さすがだなあと思います。さなりは惚れさすタイプというか、駆け引きがうまいんじゃないかなあって思いました。

Q:「俺のほうがモテるはずなのに……」という思いはないですか?

鈴木:ああ!ちょっと悔しいなって気持ちはあります(笑)。僕、長男なんですけど弟が5個下で、ちょうどさなりと同じくらいなんですよ。なので、さなりには弟感がありますね。

Q:出演前後で、ご自身の中で変わったことはありますか?

鈴木:ここまで人の感情を探ったりするなんて、人生でありませんでした。「何でこの言葉が出てきたんだろう」って、人のことをめちゃくちゃ考えるようになりました。これまで人に対して探ったりもしなかったし、あまり興味がないタイプでしたけど、すごく「知りたい」と思う気持ちが多くなりました。人に対する向き合い方みたいなのが、変わったかもしれないです。

Q:コミュニケーションスキルが上がっていそうですね。

鈴木:上がったかもしれないです……!人見知りも、今はもしかしたらあまりしないかもしれないです。

出典: NOSH(ナッシュ)

Q:いろいろとありがとうございました。最後に、今後の展開を楽しみにしているNOSH読者にメッセージをお願いします。

鈴木:『オオカミくん』では僕の不器用なところも出ていると思いますが、僕は浅草軽演劇集団・ウズイチに所属して普段は俳優として活動しています。ウズイチではお芝居はもちろん、ダンス、歌、いろいろなことをやっているので、たくさんの方に観に来ていただけたらうれしいです。(取材、文:赤山恭子、写真:長井太一)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント0

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ