『Weeds ~ママの秘密』ハンター・パリッシュ、『ジェーン・ザ・ヴァージン』のスピンオフに出演!

2019/3/22 12:00 海外ドラマNAVI

マリファナの売人になった主婦を描くコメディドラマ『Weeds ~ママの秘密』で、主人公ナンシーの長男サイラスを演じたハンター・パリッシュが、米CWのコメディドラマ『ジェーン・ザ・ヴァージン』のスピンオフに出演することがわかった。米TV Lineが報じている。

『Jane the Novela(原題)』と題されたスピンオフは、本家の主人公ジェーン(ジーナ・ロドリゲス)が執筆した架空の小説を下敷きにした、テレノベラ風のアンソロジーシリーズ。

シーズン1はカリフォルニア州ナパ・バレーのぶどう園が舞台となり、平穏に暮らしていた新進気鋭のアートクリエイターであるエステラが、あるショッキングな秘密により生活が一変して二重生活を送るはめになるという。

ハンターが演じるのは、母レナータとぶどう園を共同で営むリッチでハンサムなフェリックス。彼はエステラに心惹かれるが、すでに彼女にはルンという恋人がいて、彼女はフェリックスとルンの間で揺れ動くことに。そして、ビジネスで成功したフェリックスは前途有望だが、過去の秘密に翻弄されているという役どころだ。

エステラ役を演じるのは、米Huluの青春ドラマ『East Los High(原題)』や、長寿ソープドラマ『General Hospital(原題)』などに出演している新進女優のジャクリーン・グレイス・ロペス。フェリックスの母レナータ役には、『デスパレートな妻たち』のブリー・ホッジ役で知られるマーシア・クロスがキャスティングされており、オリジナルでジェーンを演じたジーナ・ロドリゲスがナレーター役を務めることが決定している。

8シーズンにわたり『Weeds』にレギュラー出演したハンターは、シリーズの放送終了後にリーガルドラマ『グッド・ワイフ』やFBIアカデミーを舞台にした『クワンティコ』にゲスト出演。『恋するベーカリー』や『アリスのままで』といった映画作品にも登場している。

本家『ジェーン・ザ・ヴァージン』のファイナルシーズンは、米CWにて3月27日(水)より放送スタート。(海外ドラマNAVI)

Photo:ハンター・パリッシュ ©NYKC/FAMOUS

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント1

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ