洞爺湖に棲む “心地よい非日常空間と上質な大人の時間” 「ザ・レイクスイート 湖の栖」

2019/3/21 07:00 IGNITE

IGNITE(イグナイト) IGNITE(イグナイト)

「日本百景」や「新日本旅行地100選」にも選ばれている美しい湖「洞爺湖」。

洞爺湖に最も近く、目の前に遮るものが何もない絶景と開放的な立地環境を活かし、自然と共鳴する「ザ・レイクスイート 湖の栖(このすみか)」が8月1日にオープン。

■「ザ・レイクスイート湖の栖」の思い

洞爺の自然と融合し、“ここにずっといたい”と思えるほど心地良く、今まで体験したことがない、新しい洞爺の時間が流れる。栖(すみか)とは「住む」という意味を持ち、「住む」とはその場所が「好き」であること。

この場所がいつ誰と訪れたときも好きが重なり、いつまでも愛される場所でありたいという思いを込めた。

■エントランス&ロビー&ラウンジ

非日常への始まりとして、流れる滝の音を聴きながら、水に浮かぶ回廊を通りホテルへとご案内。

回廊を抜けると水盤の視覚効果により洞爺湖と一体となり自然と共鳴するエントランスが出迎える。

ブラウンカラーを基調とし景色と融合したお洒落でシックなモダンな空間、柔らかな「和」のインテリアや照明とも調和した温かみのあるロビー。

ラウンジでは湖を眺めながら寛げるよう各種飲み物を用意する。

■客室は全室温泉露天風呂付き、全室レイクビュー

メイン客室「温泉露天風呂付テラスルーム」の露天風呂は、湯張りスイッチ式を採用し1回ごとに新鮮な温泉を愉しめる。

IGNITE(イグナイト)

テラスでは、湖を眺め風の心地よさを全身で感じながらゆったりと過ごせる。洞爺湖ロングラン花火大会期間は目の前で上がる花火をテラスで観覧することも。IGNITE(イグナイト)

そのほか、最上級の寛ぎを提供する限定10室のスイートルーム「温泉露天風呂付コーナーテラスルーム」、段差がなくフラットで移動ができる「温泉露天風呂付ユニバーサルテラスルーム」、目の前の緑広がる庭と湖が楽しめる「温泉露天風呂付ガーデンテラスルーム」も揃う全4タイプの客室を用意。

IGNITE(イグナイト)

ベッドはシモンズ製マットレスを採用、室内にはBluetoothオーディオスピーカーを完備するなど落ち着いた内装、インテリアデザインとともに、湖を眺めながらリラックスできる最高の寛ぎ、心地よい時間を提供。

IGNITE(イグナイト)

カードキーにより、本館「洞爺サンパレスリゾート&スパ」の大浴場、Waterland、売店、BAR、お夜食処等の施設も利用できる。

■露天風呂:空(くう)に浮かぶ露天風呂 湖上の湯

大浴場、露天風呂は洞爺の自然を一望できる絶景のロケーションを活かし最上階に設置。

湯船を3段の棚田状に広げ、湖と一体となるインフィニティ設計、湖に向かって空中に突き出した構造の露天風呂が特徴的。晴れた夜には一面の星空を眺めながらの入浴も愉しめる。

IGNITE(イグナイト)

サウナやジェットバスなどの機能浴も充実。

ここちよい風、湯上りの火照った体を穏やかにクールダウンして過ごせる、テラスと一体化した「湯上りリビングテラス」では冷たい飲み物を飲みながら心身ともに寛げる。

同フロアに湖を眺めながらの癒し空間でリラクゼーションが味わえるプレミアムエステサロン、豊かな自然、森の景色を望みながらリフレッシュできるフィットネスジムも完備。

■水のテラスダイニング「The 洞爺」

レストランは湖に最も近くに位置し、水盤の視覚効果により“湖と一体となり、洞爺の自然に溶け込むレストラン”空間。

席数79席と限られた席数だからこそ、丁寧に洗練されたお料理と心地よいサービスを実現、ここにしかない唯一無二の非日常空間で、大人が楽しめる上質で贅沢な時間を提供。

料理は「できたて」「作り立て」にこだわり、美味しさをそのまま席に届ける華やかな会席料理をコースで用意。

IGNITE(イグナイト)

新しい寛ぎと贅沢な大人のリゾートステイ「ザ・レイクスイート 湖の栖」で洞爺湖の神秘に浸ってみては。

 

住所:北海道有珠郡壮瞥町洞爺湖温泉7-1

ザ・レイクスイート 湖の栖:https://www.konosumika.com

 

(MOCA.O)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント3

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ