将来を不安に思う人がいる一方で… 借金があっても楽観的な人がいる背景とは

2019/3/21 20:00 しらべぇ

(AH86/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです) (AH86/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

子供の頃は夢と希望に満ちあふれていた未来も、大人になると親の介護や仕事、お金の問題が頭をよぎるようになる。先のことを考えると、不安で仕方がない人もいるだろう。

 

■7割近くがこの先が不安

しらべぇ編集部では全国20〜60代の男女1,589名を対象に、「将来について」の調査を実施。

この先が大丈夫か不安になるときがあるグラフ

「この先が大丈夫か不安になるときがある」と答えた人は、全体で66.6%もいることが判明。多くの人が、将来に不安を抱えながら生きている

 

■女性は先の心配をしがち…

性年代別では、ほとんどの年代で男性よりも女性の割合が高いのが印象的だ。

この先が大丈夫か不安になるときがある性年代別グラフ

女性はリアリストなところがあるために、現実を直視して不安になってしまうのかも。

「私は独身で、母と二人暮らし。母がさらに年を取って、介護が必要になったらどうするのか考える。私しかいないのはわかっているけれど、仕事しないと暮らしていけないし…。

 

さらに私が一人残されて年老いたときのことを考えると、そこには悲しい現実しか見えない」(40代・女性)

■借金があっても楽観主義

一方でたとえ借金があっても、楽観的に生きている人もいる。

「みんな考え過ぎて、自分で自分の首を絞めているだけのような気がする。僕なんて借金もあるけれど、まったく悲観はしていない。むしろもうちょっと危機感を持って、がんばって返済しろって思われるくらい」(30代・男性)

 

■この先のことより今を楽しむ

考えすぎて、今を楽しめていないのはもったいない。

「大企業に努めていても、安泰じゃないこの時代。先が不安になるのも、無理はない。ただ起きるかどうかわからないことをずっと心配して、今を楽しめないのは本末転倒すぎる。

 

将来のことを前向きに考えることは必要だろうけれど、むやみに不安を抱くのなら逃避したほうがマシ」(40代・女性)

 

先の問題は山積みかもしれないが、それが今現在にまで悪影響を及ぼすのは考えものである。

(文/しらべぇ編集部・ニャック)

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2019年2月1日~2019年2月4日
対象:全国20代~60代の男女1,589名(有効回答数)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント13

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ