【浮気事件簿】メガネ夫とマッチョな外国人男子のカフェ密会、一石二鳥な”コスパいい浮気”とは?~その1~

2019/3/21 17:00 Suits-woman.jp

探偵歴10年以上、浮気調査に定評があるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情。

パートナーがいる男女の恋愛の詳細を、美人探偵・山村佳子がその事件簿から紹介します! 

浮気がバレた後の夫婦関係、浮気調査のポイントについても語ります。

☆☆☆

今回の依頼者は、若松紀恵さん(仮名・33歳)。設計事務所に勤務する一級建築士で、グレーのパンツスーツをバリっと着こなしている、カッコいい女性です。背が高く、鍛えられたしなやかな体と、涼しい目元がとてもシャープ。建築好きが高じて、横浜に住むようになったと話していました。

「ここは、古い建物が好きにはたまらないですよね。夫も一級建築士で、別の事務所で働いています。彼も建築が好きなのですが、インドア派だから、散歩すら出かけないんですよ。出無精だから、結婚3年間、土日はずっと家にいてテレビを観ているか、ベッドでずっとスマホを見ているんです」

スマホを見て旦那様がしていたのは、ネット通販。

「長時間スマホを観た翌日に、箱が届くんです。中に入っているのはPCの部品など。自分で何かをカスタムすることが好きなんです。ウチのテレビなんて、夫がいろんな機能を継ぎ足しているから、どう操作していいか私もさっぱりわかりません」

そんな旦那様が、なぜ浮気していると思ったのでしょうか。

「スマホを見ても、通販の箱が届かなくなったことです。あとは、今までスマホを見るときに、壁側を向いて体を横たえていたのです。その方が落ち着くと言っていました。しかし今は、私に画面が見えないように、壁に背を向けて体を横たえている。これはやましいところがあるからですよね」

確かに、浮気をしている男性は、パートナーに画面を隠したがる傾向があります。

「それに、スマホロック問題もあります。今まで、私が『落としたときに、誰かに見られたら危ないから、スマホにロックしなよ』と言っていたのに、『家と会社の往復だし、ロックはいちいち面倒くさい』と言い、かたくなにロックをかけていなかったのに、ロックするようになったことも気になります」

旦那様は38歳。写真を見せていただくと、銀縁眼鏡とサラサラの黒髪、依頼者・紀恵さんに似ているスレンダーな体型をしています。どことなく男の色香があり、とてもモテそう。

「夫は前に勤務していた会社で知り合って、なんとなく結婚したのです。『この人となら、静かな生活が送れそう』と思った通り、この3年間はケンカもせず、穏やかな毎日を過ごしていました」

そのほかの変化は、休日出勤が増えたこと。

「休日出勤の頻度が激増しました。夫は経費の精算や伝票整理など、苦手な雑務を片付けるために、人がいない休日のオフィスに行っていました。昼頃に一緒に家を出て、おしゃれなレストランでランチして、彼の仕事が終わるまでの2~3時間に私は街をブラブラして、終わったころに合流して映画や食事をするという流れでした。これは出不精な夫と私の大切なデートの時間だったのです。しかし、最近は『忙しいから、俺が一人で行く』と言い、朝からとっとと会社に行ってしまう。さらに、帰宅は終電よりも遅くなることがあるんです」

大きな仕事が決まったとうそをつく夫

理由を聞いたら「大きい仕事が決まり、仕事が忙しくなった」と言うのみ。

「私たちの業界は狭いし、会社同士の関係も深いので、どこがどの仕事をしているかというのは、みな知っているんです。夫の会社が大きな仕事をやっている気配もない。でも、夫に本当のことを聞くのは怖い。それで、調査をお願いしたいと思ったのです。もし、浮気をしているとしたら、夫にとって結婚後初めての恋愛です。その相手にのめりこんでしまい、離婚を切り出されたときに、証拠を持っていたいと思ったのです」

しばらく沈黙した後、紀恵さんは、「怖いけれど、夫の相手を見たい」と絞り出すようにおっしゃいました。

「妻として、女性として、今後私がすべき努力を知りたいと思いました。妻の立場に3年間甘えていて、夫の望むことを何もしていなかったんです。もし、可愛いタイプだったらどうしよう。浮気をされるって、こんなにつらいとは思いませんでした」

クールな外見と、熱い涙……紀恵さんのためにも、この調査は成功させなければと思いました。

※本連載はプライバシーに配慮し、体験内容を変えない程度に一部書き換えています。

カフェで会うマッチョな外国人……メガネ男子の夫の浮気は、一石二鳥狙い!?~その2~に続きます。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント0

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ