オーブントースター、フライパンでパンが焼ける!親子でパン作りを楽しもう

2019/3/21 14:00 ママスタセレクト

写真:ママスタセレクト 写真:ママスタセレクト

「おいしいパンを作りたい。でも、子どもがいるから手間のかかるパンを作るのは大変そう」というママにおすすめの1冊があります。『発酵は冷蔵庫におまかせ!子どもと作れる12か月のパン』(新潮社)です。こねるのはちょっとだけ、発酵は冷蔵庫にいれておくだけ、オーブントースターやフライパンでもパンが焼けるという、忙しいママにピッタリ! さっそくどんなパンが作れるのか見てみましょう。

材料を混ぜて冷蔵庫で寝かせるだけ!

まずは2種類の基本の生地を作ります。用意するのは、小麦粉、インスタントドライイースト、塩、水。1つ目の基本の生地は、材料を混ぜて3分ほどこねて、あとは冷蔵庫で一晩(8時間以上)寝かせるだけ。もう1つの生地は、容器に入れてスプーンで混ぜて、同じく冷蔵庫で一晩寝かせるだけ。パンを発酵させる際は、冷蔵庫から取り出し、常温で1.5~2倍に膨らむのを待つだけ。たったこれだけでパン生地ができちゃうから、とってもお手軽だと思いませんか?

ホームベーカリーを持っていないママでも、こねたり混ぜたりして冷蔵庫に入れるだけだったら、手間もかからないから、とってもラク。作った生地は、1日1回以上丸め直してタッパーなどの容器にいれておけば冷蔵庫で5日間保存可能です。パンを焼く際は、オーブントースターやフライパンで焼けるので、自宅にオーブンがなくてパン作りをあきらめていたママも、これならおいしいパンが焼けそうですよ。忙しい朝の時間でも、生地だけ作ってあればあとは焼くだけなので、朝から焼きたてのパンを親子で楽しめます。寝起きが悪い子どもたちも、焼きたてのパンの香りにつられてニコニコ笑顔で起きてきてくれるかも!?

今月は何を作る?12か月分のパンが勢ぞろい

42
パン生地の扱いに慣れてきたら、子どもと一緒にいろんなパン作りに挑戦してみましょう。『発酵は冷蔵庫におまかせ!子どもと作れる12か月のパン』の中には、1月「干支のパン」、2月「鬼ドデカパン」、3月「おひなさまパン」、4月「いもむしウィンナーロール」、5月「こいのぼりドデカパン」、6月「かたつむりパン」、7月「くわがたむしパン」など、季節の行事を盛り込んだ簡単レシピが12か月分も! 「今月はどのパン作る?」「子どもの日はこいのぼりパンを作ってみたい」「夏になったらクワガタパンを作ろう」なんて話しながらパンを焼くのもいいですね。

旬の野菜や果物を使ったパン作りに子どもも夢中


40
ほかにも、基本の「ドデカパン」生地を使った「そらまめ新玉ねぎドデカパン」「はちみつオレンジブリオッシュドデカ」「パインマンゴードデカパン」「さつまいもとりんごのチーズのドデカパン」など、旬の野菜や果物を使ったパンを作ってみるのも楽しそう。今度の週末、親子で一緒にパン作りに挑戦してみては?

パン
『発酵は冷蔵庫におまかせ!子どもと作れる12か月のパン』
著者:吉永麻衣子
価格:1600円+税
出版社:新潮社
文・間野由利子 編集・山内ウェンディ

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント0

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ