わいせつ被害にあった女性2人の体内から同じ薬が… 再逮捕の医師らに「悪質すぎる」

2019/3/19 16:30 しらべぇ

(juststock/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです) (juststock/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

今年1月、20代の女性に睡眠作用のある薬を飲ませて意識を失わせ、自宅に連れ込んで性的暴行を加えたとして、内科医の男(28)と研修医の男(26)が、準強制性交などの容疑で逮捕される事件が発生。

そして19日、この男らがもうひとりの女性に対するわいせつ略取と準強制性交未遂の容疑で再逮捕され、ネット上で怒りの声が相次いでいる。

 

■睡眠薬飲ませ性的暴行の疑い

報道によると、男らは1月18日から19日にかけて、目黒区のカラオケ店で20代の女性に薬を混ぜた酒を飲ませて意識を失わせた上で、片方の自宅に連れ込んで性的暴行を加えようとした疑いがある。もうひとりの女性が性的暴行を受けたのに対し、この女性は抵抗したため、未遂に終わったという。

しらべぇ既報によると、付近の防犯カメラの映像には、自力で歩けない状態の被害女性を男らが抱えて連れ込む様子とともに、もうひとりの女性の姿も写っており、被害について捜査が進められていた。

 

■医師の立場悪用し入手か

その後の警察の捜査で、女性2人の体内から同じ薬が検出されることに。この薬は一般には市販されていないもので、女性らが同じものを偶然服用していた可能性は低い模様。

そして、男の自宅からも同じ成分の薬が見つかることになったが、男らは2人とも「薬は飲ませていない」と供述し、容疑を否認。同庁では引き続き、さらなる鑑定を進めているという。

■「性犯罪者マップのほうが役立つ」

この報道に対し、ネット上では「悪質すぎる」「人格異常」など厳しい声が相次ぐことに。

「破産者マップより性犯罪者マップのがよっぽど役に立つわ」

 

「こういう性犯罪者ってほんの少しでも被害者の気持ちを考えないのだろうか。やはり人格異常なんだろうね」

 

「市販されてない薬を使ったのか。事実だとすると悪質だな」

 

「女性2人両方から検出されたのか、、、これは、言い逃れできないな」

 

■3割弱「医者はあまり信用していない」

しらべぇ編集部は全国20〜60代の男女1,363名を対象に「医者への信用」について調査を実施した。すると、3割弱の人が「あまり信用していない」と回答する結果となった。

医者はあまり信用していないほうだグラフ

男らは薬の使用を否定しており、また1人は行為についても「合意のうえ」と話しているという。しかし、意識を失うほど泥酔させた女性と性交するというのは、医師失格である以前に、そもそも人間としてもアウトなはずなのだが……。

いずれにせよ、被害にあった女性たちの心身の傷が一日でもはやく癒えることを願うばかりだ。

(文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美)

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2018年8月31日~2018年9月3日
対象:全国20代~60代の男女1,363名(有効回答数)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント108

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ