星野源、史上初2度目の「CDショップ大賞」受賞に「現場の実感がこもっていてうれしい」

2019/3/18 17:28 ドワンゴジェイピー news

星野源、史上初2度目の「CDショップ大賞」受賞に「現場の実感がこもっていてうれしい」 星野源、史上初2度目の「CDショップ大賞」受賞に「現場の実感がこもっていてうれしい」

2018年12月19日に発売されたニューアルバム『POP VIRUS』はオリコン週間アルバムランキング、Billboard Japan Hot Albumsにおいて2018年にリリースされた全ソロアーティストのアルバム作品の初週最高売り上げを記録し、4週連続1位を獲得するなど、大ヒットを記録中の星野源。


アルバムの大ヒットを受け、2019年2月2日の京セラドーム大阪を皮切りに開催された自身初の5大ドームツアー「星野源 DOME TOUR 2019『POP VIRUS』」も全会場即日完売、全8公演で33万人を動員するなど、大盛況で終了したばかり。そんな中、本日開催された「第11回CDショップ大賞2019」の授賞式において、アルバム『POP VIRUS』が大賞を受賞したことが発表された。今回の受賞は前作『YELLOW DANCER』で第8回(2017年)に続いて2度目となり、CDショップ大賞史上初となる複数回数の大賞受賞者となった。


「CDショップ大賞」は、全国のCDショップ店員の投票のみで選出される賞で、現在、音楽を取り巻く様々な課題がある中、CDショップの現場からもっと音楽を盛り上げていくために2008年に設立され「行かなきゃ 会えない 音がある。」をスローガンに、メジャー、インディーズを問わず、過去1年間に発売された作品を対象とし、素晴らしい作品、素晴らしい才能を伝えていくことを目標としているもの。11 回目となる今回より、大賞が<赤><青>と2つに分かれており、


①何回でも聴きたい素晴らしい作品=#神アルバム(と呼べるようなスタンダードとなりうる作品)<赤>

②新人の素晴らしいアルバム。店頭から全国に向けて発信出来る様な賞をきっかけにブレイクが期待される“本当にお客様にお勧めしたい”作品を<青>


の二つのコンセプトに基づいて選出、星野源『POP VIRUS』は<赤>での大賞選出となる。


また、来週3月27日(水)は受賞作品である『POP VIRUS』と前作アルバム『YELLOW DANCER』のアナログ盤が2タイトル同時にリリースされるのでこちらもぜひCDショップでチェックしてほしい。


<星野源コメント>

2度目の大賞を頂きまして本当に嬉しいです。ありがとうございます。全国のCDショップの店員さんが選んでくれたこの賞は特別で、現場の実感がこもっている感じがして、それがすごく嬉しいんです。しかも2回も頂けると思っていなかったので、選んでくださった皆さんありがとうございます。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント5

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ