ネガティブは感染症と同じ!? あなたを疲れさせる彼氏とは離れるべき【ラブホスタッフ上野さん】

2019/3/18 18:55 cocoloni PROLO

ネガティブは感染症と同じ!? グチっぽい彼氏とは離れるべき…【ラブホの上野さん】 ネガティブは感染症と同じ!? グチっぽい彼氏とは離れるべき…【ラブホの上野さん】

「男ってなんでこんな行動するの…」理解しがたい行動ばかりのダメ男子…、あなたの身近にもいませんか?女性から見たらダメダメな行動でも、男性にとってはちゃんとした理由があるんです。ここでは、Twitterで20万人以上のフォロワー数を誇る「ラブホスタッフ上野さん」が、その卓越した人間観察眼を活かして「ダメ男子」たちの本音や生態を分析します!

今回は、なにかとグチっぽいネガティブ思考な男性について上野さんに解説していただきました。

■彼のネガティブ思考にうんざり…

サビ残男子:「どうせ俺なんて…。あいつらはいいよな…。」

とにかくネガティブ思考な彼。デート中の会話も、仕事や周囲の人に関するグチが多め。その上、私の仕事や趣味、人間関係に対してもネガティブなことばかり言ってきます。

最近は彼と会話するのもおっくうになってしまいました。どうして彼はこんなにネチネチと嫌になるようなことを言うのでしょうか?

彼にもう少し前向きになってもらう方法はありませんか?

■まず感染症を例に考えてみましょう
14世紀ヨーロッパで猛威を振るい、人口の半分を殺したペスト。

アステカ帝国を滅亡させた天然痘。

世界の半分の人間に感染したスペイン風邪こと新型インフルエンザ。

人類にとって感染症が最大の脅威の1つであることは間違いありません。

さて、現代の科学において感染症への対抗策として最も効果的な方法はワクチンで御座いますが、このワクチンが不足した場合、皆様はどのような優先順位でワクチンを接種する人を決めるでしょうか?

例えば「妊婦」や「子供」は優先するべきでしょう。

それから、感染した場合に死亡確率が圧倒的に高い持病持ちの方も優先すべきかもしれません。

さらに私は差別主義者なので「男」よりも「女」を優先すべきだとも考えます。

しかしなんと言っても優先すべきなのは「医療従事者」で御座います。

医者・看護師・ワクチン製造業者。これらの仕事に従事する方に最優先でワクチンを投与しなければならないのは間違いありません。

その理由は至って簡単。

彼らが死んでしまったら、ワクチンの供給がストップしてしまうのです。

彼らが死んでしまったら、人類は全滅を待つだけになってしまうのです。

ですので「医療従事者」だけは、何においても最優先でワクチンを投与しなければなりません。

■彼の命を誰が救う?
さてそれでは今回のご質問に戻りましょう。

治療する人間の命は、治療される人間の命よりも優先度が高い。

この感染症の治療における原則が今回のご質問にも適用できると言えます。

大変失礼ながら、彼氏様のようにネガティブな人間というのは人から好かれません。

ネガティブな人間の周りに集まってくるのはやはりネガティブな人間だけ。つまり「ネガティブな彼に変わってほしい!」とか「彼に元気になってほしい!」というようなポジティブな感情を持っている人間は彼の周りにほとんど存在しないことでしょう。

その中でただ1人。

ご質問者様だけが未だに「彼に変わってほしい」というポジティブな感情を持っているのです。

彼のネガティブを治す可能性を秘めた唯一の医者。それがご質問者様なので御座います。

しかし、残念ながらこのままではその思いも虚しく消えてしまうことでしょう。

すでにご質問文からしてご質問者様も彼氏様の「ネガティブ病」に感染しつつあります。このまま病気が進行すればご質問者様もネガティブを発病し「彼に変わってほしい」とは考えなくなるでしょう。

そうなれば全てはおしまい。

最後の医者がいなくなったようなものなのです。

もはや人類は座して死を待つことしか出来ません。

ですので、そうなる前に何としても医者であるご質問者様の“命”を守る必要があるでしょう。

彼氏様のことは後回し。まずはご質問者様自身が元気にならなくてはなりません。

■感染症患者は隔離しろ
ネガティブは感染します。

それも下手な病気よりも強烈かつ確実に。

ですので、ご質問者様が彼氏様の近くにいる限り、ご質問者様はネガティブの危機に晒され続けてしまうのです。

まずはご質問者様が彼氏様と距離をとり、安全を確保することが必要でしょう。

もしもご質問者様が彼氏様を治療したいのであれば、ご質問者様は彼氏様から一度距離を取るべきなのです。何故ならばこのまま治療すればご質問者様までネガティブになり、彼氏様を救う人間がこの世にいなくなってしまうから。

逆にもしもご質問者様が彼氏様を救う気がないのであれば、その場合はその場合で彼氏様から距離を取るべきでしょう。

つまりご質問者様の気持ちがどちらであったとしても、ご質問者様は彼氏様から一度距離を取らなくてはなりません。

彼氏様を救いたい場合でも、救いたくない場合でも、まずは「距離をとることが必要」ということをご理解いただければ幸いです。

■ネガティブは治さなくてもいい
例えば会社であるプロジェクトに取り組んでいたとしましょう。

そしてそのプロジェクトが8割ほど進んだ時、ポジティブな人はこう言うのではないでしょうか?

「もう8割も終わった!あと少し!」

一方でネガティブな人はこう言うことでしょう。

「まだ2割も残っている……気を抜くな」

言っている状況は同じですが、ポジティブな人とネガティブな人で捉え方が異なります。

それではこの2人のうち、どちらのほうが会社に必要な人材でしょうか?

どちらも必要なのです。

ポジティブな人がいなければ会社は暗くなりますし、ネガティブな人がいなければ会社は暴走してしまいます。

ポジティブとネガティブは見方の違いだけ。どちらが良い悪いの問題ではありません。

ですのでネガティブというのは別に治すべき問題ではないのです。

しかし、それでは彼氏様に治すべき問題点がないかと言えば、決してそんなことは御座いません。

グチを言う。

会話が面白くない。

人を疲れさせる。

そういった彼氏様の行動や言動には問題があると言えるでしょう。

つまり「ネガティブ」という考え方に問題があるのではなく、彼氏様の「行動」に問題があるのです。

ネガティブであること自体は何の問題も御座いませんが、ご質問者様に対して危害を加える行動には問題があるのです。

ですので、彼氏様を注意するとしたら、この行動の部分を注意しなくてはなりません。

■ネガティブになりやすい男子ランキング
最後に、ネガティブになりやすい性格を持つ男子をタイプ別にご紹介します!

◎第1位 サビ残男子
ネガティブな性格ランキング第1位はダントツでサビ残男子。

基本的にうじうじしやすい性格で、他人への嫉妬心も強いのでかなりネガティブになりやすいと言えるでしょう。その分、慎重ではあるのですが、一緒にいるとこちらのテンションも下がってしまうかもしれません。

◎第2位 総務男子
人のことばかり考えて、振り回されがちな総務タイプが第2位。

他人への嫉妬心は少なめですが、人の顔色を伺って病んでしまうことが多いでしょう。人間関係を適度にリセットすることでネガティブさは軽減されます。

◎第3位 エンジニア男子
自分の感情を表に出すことができず、負の感情を抱え込んでしまうエンジニアタイプが第3位。

自分に厳しいタイプなので、自分の不甲斐なさに落ち込みネガティブになってしまうでしょう。

◎第4位 経営者男子
自分に厳しく、人に頼ることができない経営タイプは比較的ネガティブになりやすい性格と言えるでしょう。

このタイプは、なかなか他人に心を開くことができないのでネガティブになった時に深刻化しやすいのが問題です。

◎第5位 係長男子
頑固で自己主張が強い係長タイプは基本的にはあまりネガティブにはなりません。

しかし、自分の地位や組織に依存しているところがあるため、定年退職などで地位が失われた場合、一気にネガティブ化する恐れがあるでしょう。

◎第6位 サトリ男子
いい意味でも悪い意味でも柔軟な性格をしているサトリ男子タイプは、あまり落ち込まない性格の1つでしょう。

ただし向上心がないという意味では常にネガティブと言えるかもしれません。

◎第7位 企画男子
明るいことがほぼ唯一の長所である企画タイプは、ネガティブと無縁の性格であると言えるでしょう。

ただし精神的に不安定なところがあるので、たまに落ち込むことも御座いますが、すぐに元気になります。

◎第8位 プロジェクトリーダー男子
ネガティブとはほぼ無縁。落ち込むことがありません。

あなたの身近なダメ男子はどのタイプ?気になったらこちらでチェックしてみましょう。もちろん自分のタイプを診断してみるのもOK!

■ダメ男子キャラ診断はコチラ↓
https://cocoloni.jp/culture/445441/

プロフィール
ラブホスタッフ上野さん
豊かな知見と人間観察眼をもとにした悩み相談への深みある回答が人気を集め、Twitterのフォロワー数は20万以上を誇る。漫画『ラブホの上野さん』(漫画:博士/原案:上野)の原案もつとめ、書籍は現在4巻まで発売されている。同漫画は2017年1月よりフジテレビ系にて本郷奏多主演で連ドラ化。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント0

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ