「もう俺に飽きた?」彼氏を不安にさせるNG行動

2019/3/18 19:00 NOSH

NOSH(ナッシュ) NOSH(ナッシュ)

彼女に対して不安に感じることが多くなると、「俺のことが嫌いになったのかな」などと感じたりもするもの。

それはふたりの気持ちにすれ違いを生じさせることにもなりかねないので、交際のマイナス要因にしかならないでしょう。

そこで今回は、彼氏を不安にさせるNG行動を紹介します。

 

■「スマホ」を触ってばかりいる

一緒にいるときに彼女がスマホを触っていることが多かったら、「俺といてもつまらないのかな」なんて男性は思うはず。

そんなことはなく、ただ友達とLINEをしていたり、SNSをチェックしていたりするだけなのであれば、せめてデート中はデートを最優先させるようにするべきでしょう。

また、話しかけてもスマホに夢中で応えてくれなかったりすると、イライラだって大きくなるものです。

ふたりでいる時間を一緒に楽しめなくなるのは、気持ちが冷めたりマンネリ化していく最も大きな要因になるので、余程の急用でもない限り、スマホに触りすぎたりしないように注意してくださいね。

 

■自分から「誘ってこない」

デートの約束をする際に、いつも自分からばかり誘っていると、男性は次第に不安を感じるようになってくるもの。

しかも、今までは女性の方から誘ってくれることもあったのに、だんだんとそういったことがなくなってくると、不安はさらに大きくなるでしょう。

男性から誘い出してくれることが多いから、完全に身を任せてしまっているだけなのかもしれませんが、その考えは誤解の元にもなるかも。

ときにはあなたの方から誘ってみたり、「○○に行ってみたい」とリクエストをしてみたりして、デートを楽しもうとしている姿勢を見せてあげると、男性も安心してくれますよ。

 

■「干渉」しなくなる

“干渉”や“束縛”は、男性が彼女から一番されたくないことでしょう。

とはいえ、そういったことを全くされなくなると、それはそれで寂しさや不安を感じるようにもなるもの。

放置されすぎると、「俺に興味がなくなったのかな」とか「気落ちが冷めちゃったのかな」といった思いが湧き起こってくるのです。

また、日々の出来事をあまり報告しなくなるのも、同様に男性の不安感をあおる原因になるので、お互いの状況を適度に話し合うのはとても大切なことですよ。

 

■「怒り」ではなく「呆れ」になる

意見が食い違ったり、腹が立つことをされたりしたときには、ぶつかり合ってケンカをすることも当然あるでしょう。

ただ、「ケンカするほど仲がいい」という言葉もあるように、ケンカになるのは相手への愛情があるからこそだとも言えます。

ケンカにすらならなくなったときの方が、気持ちが冷めてきていて危険な状態であるし、さすがにそれは男性だって実感するはず。

怒るときはちゃんと怒るようにしないと、ただ呆れているだけでは、男性もふたりの間に大きな溝を感じて不安を抱いてしまいますよ。

 

女性としてはそんなつもりはなく取っている行動でも、男性からすると「俺に飽きたのかな?」と感じることもあります。それは交際にヒビを入れるキッカケになったりもするので、相手がどう感じるのかはお互いにちゃんと意識することが大事でしょう。

【画像】

※  Roman Samborskyi/shutterstock

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント7

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ