犬を飼わない方がいい人に共通する4つのこと

2019/3/18 20:20 わんちゃんホンポ

飼わない方がいい人の共通点1:家を留守にしがち

窓から外を眺めている犬

犬の留守番時間の理想は大体8時間前後と言われています。子犬や病気のワンちゃんであれば、食事やケアにかかる手間が増えるのでもっと短くなるでしょう(3~4時間など)。

ワンちゃんは群れで生活する動物ですので、長時間独りぼっちにされるとストレスとなり、家の中でのイタズラやその他の問題行動を引き起こしてしまいます。

仕事で十数時間家を空けたり、犬を置いて外に出かけるのが好きな方は、愛情があったとしても愛犬に辛い思いをさせてしまうでしょう。生活環境を変えることができないうちは、犬を飼ってはいけないでしょう。

飼わない方がいい人の共通点2:犬飼育不可の家に居住している

ブランケットに隠れている犬

ワンちゃんと一緒に暮らす前に現在住んでいる家はペットの飼育が可能なお住まいでしょうか?

最近は賃貸でもペットの飼育可の物件が増えてきましたが、飼育することがができない物件の方がまだ多いです。

ワンちゃんと暮らすということは良いことですが、飼育不可なのに内緒で飼い始めるというのは、ワンちゃんと飼い主さんのどちらにとっても良いことではありません。
内緒で飼うというのはワンちゃんの存在を周りに隠すということです。ワンちゃんが家の中を走りまわったりワンと鳴いたりしたら、すぐに止めさせなくてはいけません。

ワンちゃんがそのような生活を強いられると窮屈でストレスが溜まり、飼い主さんも常に周りの様子を伺うようだと、ワンちゃんを飼ったことに対して嬉しいどころか、後悔してしまうような気がします。
お住まいが飼育不可であるならば、飼育可の家に引っ越してから飼い始めてくださいね。

飼わない方がいい人の共通点3:先住のペットがいる

犬の顔に手を当てる猫

ワンちゃんを飼う前に他のペットを飼っているならば、その子が犬を苦手でないか気にすることも大切です。

とはいえ、飼う前に相性が良いか悪いかを判断することはむずかしいです。そのため、飼う前に犬の鳴き声を聞かせたり、知人の犬に会わせてみたりして犬に対して恐怖心があらわれなければ良いですが、
怯えたり怖がるような様子が伺えるようであるならば、ワンちゃんを飼育するのは適していないのではないかと思います。

飼わない方がいい人の共通点4:何となくで飼い始める

ベッドの下にいる犬

「ペットショップで一目惚れ」は犬を迎え入れるのにはダメな理由と理解している方は多いと思いますが、他にも「子供の遊び相手に」や「自分1人で寂しいから」などの理由も愛犬を不幸にさせてしまうことがあります(もちろん全ての人でそうではありませんが)。

将来、長い目で見て自分のライフスタイルや愛犬に対する思いが変わらないと確信できるくらいの決意や準備・知識が必要ですね。

まとめ

椅子の上で寝ている犬

いかがでしたでしょうか。
犬を飼わない方がいい人に共通することの例として、

✔家を留守にしがち
✔犬飼育不可の家に居住している
✔先住のペットがいる
✔何となくで飼い始める

の4つを紹介しました。
ワンちゃんを飼うというのは家族が増えることです。飼い始める前に少しでも不安や気になる事があるならば、知人に相談したりネット等で調べるなどして、それらが解消してから迎え入れてください。
ワンちゃんと暮らすことはとても楽しいですよ。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント24

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ