香取慎吾、10年分の自分の“髪”で新作アート 草なぎ剛も「すごすぎ」

2019/3/15 16:10 リアルライブ

香取慎吾 香取慎吾

 元SMAPでアーティストの香取慎吾が14日、都内で開催された『サントリー オールフリー presents BOUM ! BOUM ! BOUM ! 香取慎吾NIPPON初個展』のプレスプレビューに出席。作品制作のエピソードと、作品への想いを語った。

 昨年9月に、パリ・ルーヴル美術館で開催した個展『香取慎吾 NAKAMA des ARTS』で展示した100点超の作品に加え、「身体にまつわる」新作を続々と追加する予定だという。

 中でも、香取自身が約10年間保存していた髪の毛で作った新作「くろうさぎ」が注目を浴びた。作品の紹介文で、“本当は来場者のみなさんに髪の毛を配ることも考えた”と明かすが、とても足りなかったようで今回の作品の形となったようだ。作品近くで流す映像では「くろうさぎ」制作中の様子も見られ、香取の“髪の毛”がどのようにアート作品になっていくかも確かめることができる。

 他にも、香取の歯型のマウスピース、鼻や目をモチーフとした作品、大量の私服を使った作品も展示されている。最後のフォトスポットでは、香取の手を模したオブジェと撮影することも可能。手渡されるQRコードから画像をダウンロードし、SNSで投稿することもできる。メインオブジェの「BOUM ! BOUM ! BOUM !」は、制作時の香取の心臓の音も体感できる作品。香取は「本当に全部を見てもらいたくて。心臓の音まで聴いてもらいたいんです」と述べ、「僕の鼓動が触ると感じます」と見どころを語った。

 囲み取材で、草なぎ剛も今回のイベントに来場していたことを明かした香取。「(草なぎが)一番後ろで(会見を)見ていて、なんかあの人にプロデュースされている気分でした」と笑いを誘った。この日、草なぎも自身のツイッターを更新し、「黒ウサギちゃまよー!凄すぎて!感じだことのない空間!」と投稿し、香取の個展を体感した感動を表現した。

 『サントリー オールフリー presents BOUM ! BOUM ! BOUM ! 香取慎吾NIPPON初個展』は、豊洲のIHIステージアラウンド東京で開催されている。期間は3月15日から6月16日まで。

記事内の引用について
草なぎ剛の公式ツイッターより https://twitter.com/ksngtysofficial

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント22

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ