「手をつなぐこともできない、抱きしめることも―」片寄涼太&川栄李奈「きみと、波にのれたら」予告映像解禁!

2019/3/11 13:59 NOSH

NOSH(ナッシュ) NOSH(ナッシュ)

6月21日(金)から全国公開を迎える映画『きみと、波にのれたら』の主題歌情報&予告編がNOSHに届きました!

映画『きみと、波にのれたら』はアヌシー国際アニメーション映画祭長編部門・クリスタル賞(グランプリ)を受賞した『夜明け告げるルーのうた』や、星野源さんやロバート・秋山竜次さんの声の出演でも話題になった『夜は短し歩けよ乙女』など、数々の話題作を世に送り出した湯浅政明監督による最新アニメーション。

小さな港町を舞台に、消防士の青年・港(声・片寄涼太さん)とサーファーの大学生・ひな子(声・川栄李奈さん)との運命的な恋を描く、瑞々しいラブストーリーに仕上がっています。

このたび解禁された予告編では、港&ひな子のふたりがドライブで仲良く歌を口ずさむシーンから幕を開けます。

サーフィンを楽しみながら距離が近づき、恋に落ちてゆくふたりは、ひな子が「いつまで助けてもらえるのかな?」と聞けば、港が「10年、20年、ひな子がおばあさんになっても、ずっとずっと」と返すほど、固い絆で結ばれます。

が、不慮の事故により、港は帰らぬ人に……。

絶望の淵に立たされるひな子でしたが、港との思い出の曲を口ずさむと、水の中に港が現れるという幻想的な現象が起こり、不思議な経験を重ねてゆく一端が垣間見えます。

「手をつなぐこともできない、抱きしめることも―」という切ない片寄さんのナレーションに合わさる、美しく奇跡的な恋を感じさせる主題歌は、GENERATIONS from EXILE TRIBEによる『Brand New Story』。

ボーカルの片寄さんは、「自身、初めての声優に挑戦させていただいた映画で、グループとしても主題歌を務めさせていただけることがとても嬉しいです。GENERATIONSとしては久しぶりの“ジェネキャッチ―”な楽曲なので、この映画に爽やかに華を添えられたらと思っています」と期待のかかるコメント。

楽曲に関しては、「楽しい生活や新しい出会い、新たな一歩を踏み出す方に聴いていただきたい。悩みや不安を抱えている方に、少しでも寄り添える、勇気を与えられる曲になればなと思います」と応援歌にもなり得るとした上で、片寄さんは「楽曲のなかに“波”というワードも出てきたりと、楽曲全体の世界観もかなり映画とリンクしているので、この楽曲を聴きながら、映画を楽しみにお待ちいただければ」と仕上がりにも言及。

川栄さんも、曲を聴いての感想を寄せてくれており、「落ち込んでいるときや悲しいときに聞くと、背中を押されるような、勇気づけられる一曲だと思います。一度聞いたら頭から離れなくて、何度も口ずさみたくなる歌です。本編でも港役の片寄くんと一緒に歌うシーンがあるので、そこも楽しみにしていただけたらと思います!」とのことで、映画が待ち遠しくなりますね。

また、本作ではそのほかの声の出演として、港の妹役で松本穂香さん、港の後輩に伊藤健太郎さんと、人気と実力を兼ね備えたフレッシュな二人も脇をかためていますので、公開が楽しみです!

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント2

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ