星野源、33万人を動員した自身初の5大ドームツアーを完走

2019/3/11 13:00 OKMusic

3月10日@福岡 ヤフオク!ドーム 3月10日@福岡 ヤフオク!ドーム

2018年12月19日に発売されたニューアルバム『POP VIRUS』の大ヒットを受け、2月2日(土)の京セラドーム大阪公演を皮切りに自身初の5大ドームツアー『星野源 DOME TOUR 2019『POP VIRUS』』 をスタートさせた星野源。ライブは大阪・名古屋・札幌・東京と各地で大きな盛り上がりを見せてきたが、3月10日(日)最終日を福岡 ヤフオク!ドームで迎えた。

日本人男性ソロアーティストとして史上5人目の快挙となる5大ドームツアーは全会場即日完売、全8公演で33万人を動員。なお、2017年に開催されたアリーナツアー『星野源 Live Tour 2017 『Continues』』は10カ所20公演で20万人を動員、今回の動員(全8公演33万人)は自身最大規模となる。

開演とともに会場が暗転し、センターステージに星野源が登場。大きな歓声が巻き起こる中、淡々とギターを弾き始め、1曲目は「歌を歌うときは」の弾き語りでスタート。そのままアルバムタイトル曲「Pop Virus」に続き、早くも会場はヒートアップする。

ところどころに感謝の気持ちのこもるMCをはさみつつ、途中、突然客中に登場するサプライズの演出や、セカンドステージでのセッションなど、ドームという大きさを感じさせない様々なアイデアに富んだ演出で観客と“心の距離が近い”、彼にしかできないであろうライブを展開していく。

ライブ本編終盤では「化物」、そして“一緒に踊ってくれますか?”という言葉とともに大ヒット曲「恋」「SUN」を連続でパフォーマンスした。そして“この曲が、たくさんの人からとてもいい反応をしてくれたことで『POP VIRUS』というアルバムが作れた”という「アイデア」を披露、さらには多くのファンに愛されるダンスチューン「Week End」が続き、盛り上がりは最高潮に。

アンコールでは改めて“本当にいい景色、みんな来てくれてありがとう”と福岡 ヤフオク!ドームはもちろん、各会場に来てくれたすべてのファンに向けての感謝の気持ちをMCで伝え、ラストの「Hello Song」をパフォーマンスし、3時間強におよぶライブが大盛況で終了。“また会いましょう!”と再会を誓い、自身初のドームツアーの幕を下ろした。

アルバム『POP VIRUS』


2018年12月19日(水)発売



【初回限定盤A】(CD+Blu-ray+特製ブックレット)
VIZL-1490/¥5,000+税
【初回限定盤B】(CD+DVD+特製ブックレット)
VIZL-1491/¥4,800+税(税抜) a【初回限定盤A】(CD+Blu-ray+特製ブックレット)
VIZL-1490/¥5,000+税
【初回限定盤B】(CD+DVD+特製ブックレット)
VIZL-1491/¥4,800+税(税抜)
【通常盤 初回限定仕様】(CD+特製ブックレット)
VIZL-1492/¥3,100+税
【通常盤】(CD)
VICL-65085/¥3,000+税

<収録曲>
■CD
1.Pop Virus
2.恋(TBS系火曜ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』主題歌)
3.Get a Feel
4.肌(花王ビオレuボディウォッシュCMソング)
5.Pair Dancer
6.Present
7.Dead Leaf
8.KIDS
9.Continues (スカパー!『リオ2016パラリンピック』テーマ曲)
10.サピエンス
11.アイデア ( NHK連続テレビ小説『半分、青い。』主題歌)
12.Family Song (日本テレビ系水曜ドラマ『過保護のカホコ』主題歌)
13.Nothing
14.Hello Song(ACジャパン2016年度全国キャンペーン「ライバルは、1964年。」TVCM・ラジオCMソング)
■Blu-ray/DVD ※初回限定盤付属映像
・星野源 Live at ONKIO HAUS Studio
1. Night Troop
2. 肌
3. 桜の森
4. Snow Men
5. KIDS
6. SUN
7. 海を掬う
8. 恋
9. プリン
10. アイデア
11. Friend Ship
・創作密着ドキュメンタリー「ニセ明と、仲間たち」
星野源と友人によるコメンタリー付

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント2

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ