竹内結子、収録中に泣き出し共演者も動揺 「事務所もよくOKしたな」と驚きの声も

2019/3/11 19:00 しらべぇ

10日放送のバラエティ番組『ボクらの時代』(フジテレビ系)に、女優の竹内結子、水川あさみ、斉藤由貴が出演。番組では途中、竹内が涙を浮かべる場面があった。

 

■座長として気が張っているか

14日に最終回を迎えるドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』(フジテレビ系)で共演する3人。

斉藤が「座長って気を張っているって感じはあるんですか?」と尋ねると、竹内は「気を張っているというよりも、何かあったら私のせいにされるって常に思ってるからですかね」と答えていた。

そんな竹内が芸能界入りしたきっかけはスカウト。原宿を歩いていると、「興味があれば、ご返事ください」と名刺をもらい、姉に相談したところ、「やりたいことが特にないなら、やってみれば」と言われたのが最初だという。

 

■クランクアップで自然と涙が

今回のドラマの役柄を通し、仲を深めた竹内と水川。竹内は撮影が終わった際、「この現場で泣くことはないだろうな」と思っていたのだが、いざ撮影が終わって水川を抱きしめていると、自然と涙が出てきたそう。

水川が「ううぅ…って、子供みたいに泣き始めて」とそのときのことを話すと、竹内の目には涙が。斎藤と水川が驚きを見せると、「芝居じゃないと泣くことはない」と言いながら、涙を必死に止めようとする。

それを見ていた水川もつられて泣き出すと、2人で目を手で仰ぎ、涙を乾燥させるような仕草を見せていた。

■視聴者から「愛おしい」の声

今回の放送で竹内が見せた素の姿に、視聴者から「愛おしい」といった声が上がっている。

また、コメントの中には、「事務所もよくOKしたな」と、竹内の泣き顔がアップで映されたことに驚くものも。

 

■お互いに信頼しあう竹内と水川

しらべぇ編集部では、全国20~60代の有識者男女644名を対象に「仕事仲間」について調査を実施。その結果、全体のおよそ3割の人は「仕事仲間とは本当の友達になれないと思う」と回答した。

仕事仲間

お互いに信頼しあっていることが見て取れた竹内と水川。その関係性を素敵だと思った視聴者も多いようだった。

(文/しらべぇ編集部・音無 まりも)

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2016年9月23日~2016年9月26日
対象:全国20代~60代の有職者644名(有効回答数)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント30

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ