夜道のライドも安全に。ブレーキランプ&盗難防止機能を備えた自転車用テールライト「Rayo」

2019/3/10 18:00 ギズモード・ジャパン

Image: +Style Image: +Style

自転車にブレーキランプ!

自転車って、前方向のライトは付いてますが、後ろ方向のライト、つまりテールライトはありませんよね。赤い反射板は付いてますが、あまり見やすいとは言えません。

夜、車を運転していると、この反射板があまり見えなくて危ないなーと思うことがあります。ほんと、夜の自転車は車のドライバーにとっては怖いんですよ。もちろん、無灯火ダメ、絶対

でも、自転車用テールライトなんてそんなに種類ありませんし、どうしていいかわかりませんよね。

そこで、すべての自転車乗りにオススメしたいのが「Rayo」。究極の自転車用テールライトです。

Rayoは、高輝度LEDを搭載し高い視認性をもつテールライト。ただ、それだけじゃないんですよ。

190304rayo-02Image: +Style

なんと、ブレーキをかけたときの自転車の減速を感知して光ります。そう、ブレーキランプになるのです。点滅パターンはカスタマイズ可能です。

190304rayo-03Image: +Style

その上、複数のRayoで同じパターンで点滅させる「グループLEDシンクロ」なんて機能も。グループでツーリングする際に、お互いが認識しやすくなります。もちろん、後方からの視認性もバツグン。

190304rayo-04Image: +Style

もうひとつの目玉機能が、スマホとの連動による盗難防止アラーム。スマホに専用アプリをインストールしておくと、自転車の怪しい動きを感知してアラームで知らせてくれます。

自転車って結構盗まれますからね。これはよい機能です。

190304rayo-05Image: +Style

価格は7,680円(税込)。自分の身も、自転車も守れるライト、付けておいて損はありません。

Source: +Style

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント3

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ