『カメ止め』撮影助手役の浅森咲希奈、オンエアに感慨「あの夏、みんなで頑張った作品が…」

2019/3/10 19:35 Techinsight

『カメ止め』でメガネが似合う撮影助手役の浅森咲希奈(画像は『浅森咲希奈 Sakina Asamori 2019年3月8日付Twitter「このあと!21時より!!」』のスクリーンショット) 『カメ止め』でメガネが似合う撮影助手役の浅森咲希奈(画像は『浅森咲希奈 Sakina Asamori 2019年3月8日付Twitter「このあと!21時より!!」』のスクリーンショット)

映画『カメラを止めるな!』は2018年6月より順次全国公開され、SNSなどで「おもしろい」という声が拡散されて人気に火がついた。上田慎一郎監督が監督&俳優養成スクール・ENBUゼミナールのオーディションで選ばれた無名の俳優達と撮影を行ったのは2017年のことだ。同年11月に6日間限定の先行上映を行ったところ徐々に評判となり、海外でも評価が高く2018年に凱旋する形で全国ロードショーされる。

【この記事の他の写真を見る】

その『カメ止め』が3月8日に日本テレビ系『金曜ロードSHOW!』で地上波初登場した。HKT48の指原莉乃がSNSで「家に着いたので、カメラを止めるなを観る(何回目)」とつぶやけば、元AKB48の小嶋陽菜は「カメラを止めるなは、さっきテレビで2回目。後半少し見たけど答え合わせみたいで面白かった!」というように劇場で観た人から、今回のテレビ放送で初めて見るケースまで、視聴者から様々な感想がツイートされている。

上田慎一郎監督をはじめ生出演したキャスト陣もおり、他のキャストやスタッフはテレビに釘付けとなったことだろう。

そんななか『カメ止め』でキャストとして撮影スタッフ・谷口智和を演じた山口友和はSNSで「#カメ止め金ロー やはり、感動してしまいました。みんなの顔が地上波に…たくさんの方が笑ってくれた様で本当に嬉しいです!」とつぶやいている。

また、谷口から一人前と認めてもらえず、撮影のアイデアを提案しても相手にされない弱い立場のメガネをかけた撮影助手・松浦早希役を好演した浅森咲希奈は「#金曜ロードショー #カメラを止めるな 観てくださってありがとうございました」と切り出して撮影を振り返った。

「あの夏、みんなで頑張った作品が地上波で全国に届くなんて思ってもみませんでした! 嬉しい」という浅森。地上波の実現に「映画館で観れなかった人にも届いてるといいなぁ」と感慨深げである。

実は彼女、広島のご当地アイドルグループ・Make palette(メイクパレット)のメンバーだったが、高校を卒業後は女優を目指している。『カメ止め』で注目され『痛快TV スカッとジャパン』の再現ドラマに出演するなど女優としてチャンスを掴む一方、2018年9月14日には音楽ユニット・THE 夏の魔物の新メンバーとなった。これからの活躍が期待される存在だ。

画像は『浅森咲希奈 Sakina Asamori 2019年3月8日付Twitter「このあと!21時より!!」「#金曜ロードショー #カメラを止めるな 観てくださってありがとうございました」』『山口友和 tomokazu yamaguchi 2019年3月8日付Twitter「#カメ止め金ロー やはり、感動してしまいました。」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント19

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ