「喉が焼ける」「舌が痛い」 悶絶!大分限定スナック「別府地獄カレー」

2019/3/3 18:00 Jタウンネット

本格激辛カレースナック 別府地獄カレー 本格激辛カレースナック 別府地獄カレー

温泉地として知られる大分・別府で、とんでもない激辛商品が生まれていた。


その名も「本格激辛カレースナック 別府地獄カレー」。炎のパッケージの実力はどれほどなのか。編集部総出で試してみた。

汗が止まらない

筆者がこの商品を見つけたのは2019年3月1日、東京・有楽町にある大分のアンテナショップの前を通った時だった。

ほかのアンテナショップと異なり、随分と派手な陳列がされている。そして何より、このフレーズが購買意欲をそそった。

店長からのメッセージ店長からのメッセージ

そんなわけない。経験からこういった売り文句のものは大して辛くないのが相場だ。

試しに1袋を編集部に買って帰った。すると、筆者と同じようにS編集長も、

「絶対辛くないでしょ」

と嘲笑している。無類のカレー好きである筆者はちょっと辛めのカレースナック菓子が実態であろうと高を括っていた。この後訪れる惨劇を知らずに――。

パッケージの両面パッケージの両面

全く持って大げさだと「この時」は思っていた。激辛注意の文言を信じず開封した。

すると、インド料理屋さんに漂う本格的なスパイスカレーの良い香りが漂ってきた。高まるのは辛さではなく、美味しさ。とても贅沢な味を否応なしに想像してしまう。

中身はかっぱえ●せんのよう?中身はかっぱえ●せんのよう?

パッケージから紙皿に移すと粉も落ちてくる。香りを周りに放ちながら、人を引き付ける。さてどんな味がするのかな。気分は浮かれていた。店長の言う限界、3本を一気に口に入れた。こんなの余裕なはず――。

「なんじゃこりゃぁあ!!!」

舌を突き刺す痛み、身体の中で少しずつ暑さが広がっていき、汗が噴出してきた。とにかく筆者の生命が動揺している。舌は使い物にならない。口から入った刺激は顔、首へと広がりやがて全身を蝕む。身体がおかしくなっていく様を見せつけられているよう。

同じタイミングで食べたJタウンネット編集部のN記者は「はぁはぁ」と息を荒くしている。

「目がバァって開く感じがする」

よくわからないが何らかの異常が起きているようだ。

カレーが好きなくせに激辛は苦手な筆者は完全に敗北。3本が本当に限界だった。

筆者と同期の女性記者・Sさんも辛いものが苦手。しかし、自らの意思で果敢に挑戦した。

「意外と大丈夫。あれ?でも2本目がキツい」

このお菓子が怖いところにじわりじわりと初速を超える何かが襲うこと。最初の痛みは後の痛みの序章に過ぎない。

周りの粉の刺激が強い周りの粉の刺激が強い

ここからはある程度強靭な舌を持っている人にお願いした。あまり被害者を増やしてはいけない。

まずはJ-CASTニュースのスラッガーことA記者。辛いものには自信があるそうだが、30秒ほどの沈黙を置いて、

「確かに辛いね。汗かきそう」

と強烈な刺激に太鼓判を押した。

一方、持ち帰った当初は嘲笑ったS編集長も、

「辛い。舌が痛いけど、美味い範疇ではあるかな。酒のつまみになりそう」

と真顔で評価した。

そしてK前編集長も「喉が焼けるね」と辛さを指摘しつつ、

「ビールに合いそう」

と好評だった。

このほかにも片手いっぱいにスナックを乗せて一気食いしても平気だった人もいたため、一概に全員が辛さにやられるわけではなさそうだ。

辛さに自信がある人は、一度は挑戦する価値があるハイパワーなスナック菓子だった。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント14

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ