競馬好き芸能人で一番当たるのは誰? WIN5で3000万オーバーを数回的中させた芸人は

2019/3/2 06:00 リアルライブ

ザ・プラン9・浅越ゴエ ザ・プラン9・浅越ゴエ

 いよいよ3月。3月といえば春のG1レースの開幕だ。全国の競馬ファンがワクワクするこの季節。もちろんそのファンの中にはテレビの中の有名人も多数存在する。

 競馬ファンにはアイドル、女優、芸人、プロ野球選手などさまざまジャンルの芸能人が存在するが、特にその中でも際立って多いのが芸人だ。爆笑問題・田中裕二、雨上がり決死隊・蛍原徹、小藪一豊、麒麟・川島明、ジャングルポケット・斉藤慎二、平成ノブシコブシ・吉村崇、カンニング・竹山隆範、ザ・プラン9・浅越ゴエ、シャンプーハット・こいで&てつじ、インスタントジョンソン・じゃい…といった顔ぶれ。芸人以外では、徳光和夫、藤原竜也、林修、DAIGO、小嶋陽菜、安田美沙子、優木まおみ、倉持由香、田中将大という名が挙がる。

 そうそうたる名前が並び、中には競馬のテレビ番組に出演して予想を公開している芸能人もいる。では、予想がよく当たるのは誰だろうか。意外な人物が、競馬ファンの間で一目置かれているようだ。

 まずは元AKB48の「こじはる」こと小嶋陽菜。自ら出演する競馬番組ではたびたび高配当馬券を的中させている。予想スタイルは『3連単5頭BOX』が基本スタイルで、万馬券をよく当てていることから「天才」「競馬界の女神」とも呼ばれている。ちなみに2015年、2016年と年間通して収支はプラスだ。

 シャンプーハットの2人は、関西圏を中心に活躍中の芸人だが、競馬ファンの間では非常に有名。メンバーのこいでは2006年の小倉記念で100万馬券を300円分、てつじは2008年桜花賞で700万馬券を的中させており、2人合わせて「1000万円コンビ」として一時期話題となった。基本は『穴狙い』の予想スタイルだけになかなか当たらないが、穴好きファンにとっては貴重な存在となっている。

 2003年の「R-1ぐらんぷり」で優勝したピン芸人、ザ・プラン9の浅越ゴエ。近年は競馬番組のレギュラーとして活躍しており、予想スタイルは有力馬を軸に立てるガチガチの『本命党』。近年、やや不振に陥っていたが、それでも2014年の天皇賞・春で20万馬券、2016年ローズSで30万馬券を的中させた実績を持つ。着実に的中率、回収率をアップさせたい『本命党』ファンからの支持率は高い。

 「尻職人」という強烈なキャッチコピーを掲げるグラビアアイドル・倉持由香。2017年の皐月賞では100万馬券を的中、同年安田記念でも3連単と3連複を的中させ30万超えの払い戻しを受けるなど着実に実績を残している。予想スタイルは『3連複1頭流し』と『3連単BOX』。まだ競馬歴が2年に満たないにもかかわらず、これだけの高配当を的中させていることから「馬ドル」として注目されつつある。

 麒麟の川島明は競馬界において関西では非常に有名で、自身がメインMCを務める競馬番組ではたびたび高配当の馬券を当て、多くの競馬ファンからの支持を集めている。予想スタイルは『本命党』で、上位人気を軸にした『3連単1頭軸マルチ』を多用している。近年の実績としては2016年函館記念で3連単20万馬券を200円分的中させ、46万円近くの高配当を得ている。

 インスタントジョンソンのじゃいはWIN5を当てることで有名。WIN5とは主要5レースの1位を全て当てなければならない超難関馬券。それを彼は2012年12月に3700万円、2014年1月に4332万円の超高配当で的中させている。競馬の勝負強さで言えば芸能界屈指と言える華々しい実績だ。

 まもなく本格的な競馬シーズンが到来する。予想に困った際は、先述の芸能人たちの声に耳を傾けるのも案外ありかもしれない。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント0

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ