端正な容姿と力強い歌声のシンガー、安田レイ 新曲『blooming』に込めた想いとは

2019/2/28 09:00 しらべぇ

端正なルックスと力強くも透き通った歌声を持つシンガー、安田レイの11枚目のシングル『blooming』が27日にリリース。しらべぇ取材班は、今回の楽曲に込められた想いについて話を聞いた。

 

■女の子に向けた応援歌

安田レイ

安田は音楽ユニット「元気ロケッツ」の活動を経て、2013年に『Best of my Love』でソロデビュー。その後リリースされた楽曲の多くがドラマやアニメの主題歌として起用されるなど、華々しい活躍を続けている。

そして、27日に11枚のシングル『blooming』が発売。そのタイトルを日本語訳すると「花が咲く」という意味になるが、どのような1曲になっているのだろうか。

安田:「女の子に向けた応援歌」というのがテーマです。ツイッターやインスタのようなSNSで、みんながいろんな形で自己表現している今の時代。

 

刺激をもらいつつ、他人と自分を比べてしまうことに疲れちゃっている人も多いんじゃないなのかなと思っていて。

 

もっと自分の良い所を見つけてあげて、ちゃんと自分のことを愛せる自分になりたい。少しでもいいから、自分を抱きしめてあげる心の余裕があったら、もっといいのに。

 

そんな、自分に対してのメッセージでもあるし、世の中の女子たちに向けたメッセージでもある曲に仕上がりました。

 

■「少しだけ」に込められた想い

疾走感あふれるメロディーに乗せて歌われる、壮大かつ繊細な歌詞。サビの一節で使われている「少しだけ」という言葉には、特別な意味があるという。

安田:サビの中にある「少しだけ」という言葉が、今回の歌詞のキーワードです。海外のアーティストを見ていると、「自分大好き!」って良いオーラが出ている方がたくさんいらっしゃって、ああいう要素が自分に1%でもあったら、きっと変わってくるんだろうなと。

 

今すぐに切り替えて「自分大好き」とはできないと思うので、ちょっとした意識の持ち方というか、「少しだけ」自分のことを愛せたら、自分のライフスタイル自体も変わってくるんだろうなと思います。

■大好きな食事で切り替え

安田レイ

SNSで繋がり過ぎてしまった一面もあるコミュニティ。友達のキラキラした投稿を見て、気分が落ち込んでしまったことのある人もいるだろう。

そんなときはリフレッシュが必要だが、ネガティブになってしまったとき、安田がどのようにして気持ちを切り替えているかを訊いた。

安田:ご飯を食べることですね。私にとって食事はすごく大事で、自分自身、食べることが大好きなんですけど、食べることが好きな人も大好きです。

 

どんなに最低で最悪な一日だったとしても、その一日の終わりにおいしいご飯があれば、80%くらいは気持ちを切り替えて、新たな気持ちで次の日に向き合えます。

 

とくに好きなのが福岡の鯛茶漬け。大好きなお店があって、福岡に行ったときは必ず行ってますね。そのお店に行きたいから、福岡で仕事をするっていうくらい(笑)。

 

■MVにはえんどぅ、BAMBIが参加

『blooming』のMVは、安田が大好きなピンクがテーマカラー。ピンクライトにピンクのスモークが映像を彩る、洋楽のテイストを取り入れた仕上がりになっている。

そして、今回の作品には、えんどぅ、BAMBIの二人がダンサーとして参加。安室奈美恵やビヨンセといったビッグネームのダンサーを務めた超一流のパフォーマーが、曲の世界観をより密なものにしている。

安田:えんどぅとは、私が生まれる前から親同士が仲の良い幼なじみで、「いつか自分の作品で一緒にコラボしたいね」って話していました。

 

以前リリースした楽曲『Classy』の振り付けをえんどぅに担当してもらっていたのですが、そのとき出演はなかったので、今回やっと実現しました。

 

えんどぅともう一人女性のダンサーさんがいてくれたら、かっこいい絵になるなって話をしているときに、BAMBIさんの名前が挙がって。いろんな作品を拝見させていただくと、ダンスはもちろん、彼女自身が持つ世界観に惹かれて出演をお願いしました。

 

ご本人のパーソナリティもすごく素敵で、踊っていたり、映像の中ではすごくキリっとカッコイイのに、喋ると本当に明るいチャーミングな方なんです。

 

そのギャップにもやられましたね。ファンになりました。本当にビッグな2人に出演してもらえたなと改めて思います。

■ルーツであるアメリカに

安田レイ

『blooming』は、人気アニメ『レイトン ミステリー探偵社 ~カトリーのナゾトキファイル~』(フジテレビ系)のOPテーマに起用されている。

自身の楽曲が主題歌になるにあたって、「主人公のカトリーにならって、なんでも『面白そう』と思える好奇心を忘れないようにしたい」とコメントしていた安田。今、彼女の好奇心をくすぐるものは何なのかを最後に教えてもらった。

安田:私は今すごく海外に行きたくて、今年は弟と一緒にアメリカに行ってみたいと思っています。自分の中には半分アメリカの血が流れているんですけど、じつは三歳のときにアメリカから日本に来て、ハワイにしか戻っていないんですよ。

 

自分のルーツであるアメリカの地を訪れて、日本語を全く使わない数日間を過ごしてみたいなと。アメリカの中でも、私はLAに行きたいと思っています。

 

それは大阪にある『MARE』っていう大好きな古着屋さんの影響で、そのお店は買い付けを全部LAで行っているんですね。この素敵な服たちが作られた場所には、服以外にもとても素敵な物たちがたくさんあるんだろうなって。

 

日本にはない物に触れていったほうが、いろんなアイディアも生まれるだろうし、そこで、曲もできるかもしれない。そういった意味でも海外に行きたくて仕方ないです。

 

■直筆サイン入り色紙をプレゼント

安田レイ

今回、読者のみなさんに安田レイの直筆サイン入り色紙をプレゼント。応募方法は安田レイしらべぇのツイッターアカウントをフォローして、サイン色紙プレゼントキャンペーンのツイートをリツイートするだけ。

当選者の方には、編集部から直接DMでご連絡させていただきます。応募条件が抜けていないかを確認して、楽しみにお待ちください!

(文/しらべぇ編集部・野瀬 研人)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント0

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ