【ライヴレポ】乃木坂46・西野七瀬、とびっきりの“にんじん顔”で幕を閉じた卒業コンサート!「例えようのない大事なものになっていたんだなぁって気付かされました」

2019/2/25 07:00 ランキングBOX

【ライヴレポ】乃木坂46・西野七瀬、とびっきりの“にんじん顔”で幕を閉じた卒業コンサート!「例えようのない大事なものになっていたんだなぁって気付かされました」 【ライヴレポ】乃木坂46・西野七瀬、とびっきりの“にんじん顔”で幕を閉じた卒業コンサート!「例えようのない大事なものになっていたんだなぁって気付かされました」

乃木坂46・西野七瀬の卒業コンサートであり、『7th YEAR BIRTHDAY LIVE』のDAY4が2月24日、京セラドーム大阪で開催された。4日間にわたるこのライヴは、各日5万人、トータル20万人を動員。DAY4だけでもなんと50万もの応募があったという。これに加え、全国218館での生中継ライヴビューイングも開催。数字だけ並べても、改めて乃木坂46における西野七瀬という存在の大きさに舌を巻く。

影アナは、伊藤かりん、伊藤純奈、斉藤優里の“スイカ”メンバーたち。「にゃーが卒業しちゃうよー」「にゃー、大好きだよー」「愛してるよー」と、それぞれが名残惜しむ。

ビジョンに西野の功績が映し出された後マイクを持った西野が静かにステージへ現れ、「気づいたら片想い」をアカペラで歌唱。もう乃木坂46のライヴで西野を見ることができない、そんな張り詰めた空気が会場中を支配していたが当の本人は実に明るい。笑顔で次々と楽曲を披露し、「大阪ー!声出るかぁ〜?」と関西弁のイントネーションで煽った「夏のFree&Easy」では、西野が会場の中央を3Dフライングによって空中パフォーマンスをし、弾けるようなダンスも披露してみせた。

「ついにこの日が来ましたね!円陣を組むときも普通で、“今日、卒業!?”って感じだったけど、出番の1分前くらいに急に実感が(笑)。今日は楽しみます!みなさんよろしくお願いします!」と元気に挨拶。大の仲良しである高山一実は「(卒業は)さみしいけど、新しい世界に羽ばたいて行くのを引っ張っちゃいけない。今日は羽ばたくための羽を挿せたらいいなって思っています」とエールを送った。

三期生メンバーやアンダーメンバー、ユニット曲などが披露された後、デビュー当時の初々しいVTRへ。そこから7年の時を経て、成長した西野が今、堂々と花道を歩きメンバーの元へと行く。合流し、キレのいいフォーメーションダンスが魅力の「命は美しい」をセンターでしっかり務め上げる姿は、見事のひと言に尽きる。

「ショパンの嘘つき」を披露した白石麻衣、生田絵梨花、松村沙友理によるMCでは西野との思い出トークに。最新シングル「帰り道は遠回りしたくなる」のとある部分で、白石と生田が必ず変顔をし、毎回西野を笑わせていたというお茶目な裏話を明かしてくれた。

また西野と同じ94年組の桜井玲香、中田花奈、井上小百合が登場すると、「「隙間」って94年組の歌だったんです〜」(井上)、「みんな残っているねーなんて言っていたら、急に……」(桜井)、「ポンポンって(卒業)」(中田)と吐露。中田は「なぁちゃん、リハで「気づいたら片想い」を歌っていた時すっごく上手だったけど本番では声が震えていて、それを聴いた時に“もうヤバイ”と思って(泣)」と感極まるひと幕も。

ライヴはさらに勢いを増し、実質的な乃木坂46のツートップ、西野と白石による最初で最後のユニット曲「心のモノローグ」へ。西野が白、白石が黒のロングドレスに身を包み、激しく歌い踊るふたりに会場も大歓声で応える。そのままWセンターを務めた「インフルエンサー」へと突入し、観客もどんどん熱を帯びていった。

「無口なライオン」「やさしさなら間に合ってる」「やさしさとは」と、西野のユニット曲が続きエモーショナルな昂りに包まれる中、VTRで西野発案のキャラクター・どいやさんが現れ、束の間の和やかタイム。どいやさんのリクエストによる「せっかちなかたつむり」で盛り上がった後は、どいやさんバルーンに乗った西野が登場。観客ひとりひとりに目を向け、手を振りながらとても楽しそうに「スカイダイビング」を披露した。

「いつかできるから今日できる」で一旦本編の幕が降りると、会場は緑と白のサイリウムで埋め尽くされ、“七瀬”コールが沸き起こる。そして、好きな動物・鳩をイメージしたという白いロングドレスをまとった西野がゆっくりと登場。

「ステージに出る前に喉がキューって絞められて、自分にとっての乃木坂46という存在が、離したくないもの、例えようのない大事なものになっていたんだなぁって気付かされました。ライヴって“みんな私を見て欲しい”ってなれる場所。ステージに上がって音楽がかかると、遠くのお客さんにも届くように腕を目一杯伸ばして大きく見せようって。見てくれるファンの方に喜んで頂きたいというのが原点だし、そういう風に思わせてくれたことは、すごくありがたいことだなって思います」

決して派手な言葉ではないけれど、西野の飾らない人柄がしんしんと伝わってくる。観客から「ありがとうー!」と声がかかると、「いいえ、こちらこそですよ〜」とはにかみながら応え、卒業コンサートとは思えないなんともほのぼのとした空気に包まれた。思いやり、優しさ、愛らしさ、そして最多センターを務め上げたたくましさ。一世一代の場でも自分らしく、等身大でファンと向き合う西野の姿がそこにはあった。

ソロ曲「つづく」では、冒頭で「あぁ〜間違えちゃった!」とはにかみつつ、<頑張れ頑張れ負けるな自分>の部分では涙で声が詰まる。続く「シンクロニシティ」でフォーメーションダンスを楽しそうに踊り、「ダンケシェーン」のラストは西野の「やっぱ乃木坂だな!」でハッピーオーラ全開。ラスト曲「帰り道は遠回りしたくなる」では、盟友・高山をはじめ多くのメンバーが涙を流して歌い踊り、西野自身もまた涙を浮かべながら、けれども絶対的エースとしてキレのいいパフォーマンスをしっかりと見せてくれた。

そして、メンバーひとりひとりと手を合わせてさよならの挨拶。最後、エースの座を分かち合った白石が駆け寄ってハグをし背中をよしよしとさすると、西野はまるで安心したように白石に体を預けたのだった。

アンコールの声は鳴り止まず、再び登場して「光合成希望」を披露。これにて大団円といきたいところだったが、ライヴの締め方に迷ってしまった西野は「えーどうしよう、かずみん助けて(笑)」「(観客の)みなさん、どうやって終わればいいですか?」と困りまくり、最後の最後まで愛らしい姿に胸がいっぱいになる。

会場が明るくなり、退場を促すアナウンスが流れているものの“七瀬”コールは終わらず、なんと再び西野がステージへと登場。「私が「せーの」って言うから「3、2、1」って言ってください!」と振ってカウントダウンし、見せてくれたのはとびっきりの笑顔!松村がMCで西野特有の笑顔=にんじん顔について話しており、それを受けての対応だった。「本当にありがとうございました!」と手を振りながら、笑顔溢れる中ステージ奥へと去っていった。

乃木坂46のシングル全ての選抜メンバーで、センターは最多の7曲、ツアー参加率は100%。乃木坂46結成からこの日まで2690日間、全力で突っ走った西野七瀬のアイドル人生が幕を閉じた。光溢れるほうへと笑顔で去っていった彼女の後ろ姿はとても頼もしかった。

文/木村桂子

<セットリスト>
0.Overture
1.気づいたら片想い
2.今、話したい誰かがいる
3.ロマンスのスタート
4.夏のFree&Easy
5.ごめんね ずっと・・・
6.自分じゃない感じ
7.トキトキメキメキ
8.春のメロディー
9.Another Ghost
10.魚たちのLOVE SONG
11.失恋お掃除人
12.君は僕と会わない方がよかったのかな
13.命は美しい
14.何もできずにそばにいる
15.羽根の記憶
16.設定温度
17.傾斜する
18.強がる蕾
19.転がった鐘を鳴らせ!
20.他の星から
21.ショパンの嘘つき
22.Rewindあの日
23.生まれたままで
24.吐息のメソッド
25.僕がいる場所
26.ひとりよがり
27.隙間
28.遠回りの愛情
29.きっかけ
30.心のモノローグ
31.インフルエンサー
32.別れ際もっと好きになる
33.嫉妬の権利
34.かき氷の片想い
35.無口なライオン
36.やさしさなら間に合ってる
37.やさしさとは
38.My rule
39.せっかちなかたつむり
40.スカイダイビング
41.会いたかったかもしれない
42.いつかできるから今日できる
-アンコール-
EN1.つづく
EN2.シンクロニシティ
EN3.ダンケシェーン
EN4.帰り道は遠回りしたくなる
WEN.光合成希望

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント5

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ