菅田将暉×椎名桔平 『3年A組』バトルした教師と刑事のオフショットに「仲良さげなのに」の声

2019/2/25 15:49 Techinsight

椎名桔平と菅田将暉、『3年A組』オフショット(画像は『椎名桔平 2019年2月24日付Instagram「#3年A組 #菅田将暉 今夜はバトルだぞ~!!」』のスクリーンショット) 椎名桔平と菅田将暉、『3年A組』オフショット(画像は『椎名桔平 2019年2月24日付Instagram「#3年A組 #菅田将暉 今夜はバトルだぞ~!!」』のスクリーンショット)

菅田将暉主演の日本テレビ系日曜ドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』第8話が2月24日に放送され、A組生徒・景山澪奈を死に追いやった真相を巡り事態が急展開する。そのオンエアを前に刑事・郡司真人役の椎名桔平が主人公の担任教師・柊一颯役の菅田将暉と並ぶオフショットを公開してフォロワーの注目を集めた。

椎名が「今夜はバトルだぞ~!!」と投稿したところ、「バトル!! バトル!! ワクワクわく」「いろんな楽しみ 予告とのギャップ 仲良しなのは大事な現場ですよ」などのコメントが寄せられるなか、やがて第8話が放送されると「かっこよかったです!! 足撃たれたのきつかったぁぁ…」「こんなに仲良さげなのにね! やっぱ桔平さんカッコイイ~」へと変化していく。

第8話では、A組生徒・堀部瑠奈(森七菜)が「平成最後のカリスマ熱血教師」こと数学担当の武智大和(田辺誠一)が景山澪奈を建物に連れ込む証拠動画が実はフェイク動画だと気づく。しかもその人物の正体が柊一颯だと分かり生徒たちが騒然とするなか、柊は学校内で郡司刑事に追い詰められていた。

2人はピストルを向けて威嚇し合うと、郡司に「撃てるのか」と詰め寄られた柊は足を狙う。だが、それ以上は撃てず、郡司のパンチを受けて倒れ込んだ。ついに捕まるかと思われたその時、何者かが郡司を背後から襲い柊をピンチから救う。郡司が振り返るとそこには特撮ヒーローの「ガルムフェニックス」が立っているではないか…。

椎名の投稿には「このツーショット待ってましたぁぁぁ! 桔平さんカッコよすぎです。暗殺教室辺りからずっとファンです」といった映画『暗殺教室』を思い出す声も少なくない。

山田涼介(Hey! Say! JUMP)の主演映画『暗殺教室』(2015年3月公開)で菅田将暉は3年E組生徒・赤羽業(あかばね カルマ)役、椎名桔平は防衛省臨時特務部所属の自衛官でE組副担任になった烏間惟臣(からすま ただおみ)役を演じたからだ。

そのコンビが『3年A組』で共演してバトルを繰り広げるとは、『暗殺教室』からのファンは特に感慨深いものがあっただろう。そんな2人が演じる柊と郡司の関係はどのように展開するのか、第9話の放送が待たれる。

画像は『椎名桔平 2019年2月24日付Instagram「#3年A組 #菅田将暉 今夜はバトルだぞ~!!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント4

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ