「76歳の母になんてひどい押し売り」ドコモOBのドワンゴ夏野社長、ドコモの大量不要オプションに苦言

2019/2/22 12:54 キャリコネニュース

画像はツイッターをキャプチャ 画像はツイッターをキャプチャ

元NTTドコモ執行役員でドワンゴの夏野剛社長が2月22日、古巣のドコモに対して「OBとして情けない」とツイッターに投稿した。

夏野社長は最近紙で請求書が届くように変更した。母親の契約内容を確認すると、大量のオプションが付けられていることが分かった。これについて夏野社長は

「76歳の母になんてひどい押し売りしてるんだろう。いくら本人同意とはいえ総務省はこういうのをやめさせるべきじゃないのか。もちろん母は契約時のショップ店員トークを覚えてない」

とした上で、「OBとして情けない」と投稿した。

母親の契約オプションに「トレーニングアプリ使い放題」「知育ゲームアプリ」なども

付けられていたオプションは、「spモード利用料」(月額300円)といった、契約時に必須となるサービスから、コンシェルサービスの「my daiz/iコンシェル」(100円)、有料アプリが使い放題の「スゴ得コンテンツ」(380円)、ニュースや天気、占い情報などを配信する「iチャンネル」(150円)、「dTV」(500円)のほか、

「クラウド容量オプション(50GB)」(400円)
「dアニメストア」(400円)
「dヒッツ」(500円)
「dマガジン」(400円)

といったものも。また、ロードバイクや筋トレなどのトレーニングアプリを定額で使える「Runtastic for docomo」(350円)、幼児・子ども向けの知育ゲームアプリ「dキッズ」(372円)など多岐にわたるサービスが契約されていた。

キャリア回線を契約するとき、「初月無料でお試しできる」と月額有料サービスを提案されることもある。これらは値引きサービスの条件として提示される場合もあるが、無料期間が近づいても連絡は来ず、契約していることを忘れ課金し続ける人も多い。

リプライ欄では「これは酷い」「携帯買い換える時は家族同伴必須ですね」といった声が寄せられている。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント86

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ