女性100人にきいた「父親との入浴は何歳まで?」 23歳アイドルは「今でも一緒に…」

2019/2/20 15:54 日刊SPA!

※画像はイメージです(以下同じ) ※画像はイメージです(以下同じ)

 女性は、何歳まで父親と一緒にお風呂に入るものなのか――ややナイーブな問題かもしれないが、まさに今、ネット上で議論の的になっているところだ。

 事の発端は、今月11日に放送されたトークバラエティ番組『中居くん決めて!』(TBS系)。競輪場を中心にキャンペーンアイドルとして活動している3人組ユニット「スピーチーズ」のリーダー・北見直美がゲスト出演し、MCの中居正広に葛藤を打ち明けた。

 北見は23歳になった現在も父親、さらには兄と一緒に入浴しており、彼女にとってはそれが自然。一人ずつよりも家族でまとめてお風呂に入ったほうが時間短縮になる……などの合理的な理由もあるそうなのだが、周囲の人々に話すと驚かれてしまうため、もう家族での混浴はやめるべきか悩んでいるというのだ。

 中居は「今まで通り一緒に入ってもよろしいんじゃないでしょうか」「100個の家族があったら100個のルールがあって100個の掟がある」「他の家族と比べることもない」と北見をフォローしたものの、SNSでは北見家の習慣に疑問を呈する声も見られる。

 そこで今回は、全国の18歳~50歳までの女性100人に対して、「何歳まで父親と一緒にお風呂に入っていましたか?」というアンケートを実施した。父親との混浴をやめたきっかけも教えてもらったので、さっそく結果を見ていこう。

◆9割近くの女性は、遅くても10歳までに父親との入浴を卒業

=======

Q.何歳まで父親と一緒にお風呂に入っていましたか?

1位 10歳 18人

2位 5歳 15人

3位 8歳 14人

4位 6歳 12人

5位 7歳 10人

6位 3歳 6人

同率7位 9歳/11歳 各5人

同率9位 0歳/12歳 各4人

11位 4歳 3人

同率12位 1歳/2歳/17歳/22歳 各1人

=======

 まず注目は「17歳まで」、「22歳まで」と回答した女性が1人ずついたことだろう。

 冒頭のアイドル・北見直美とほぼ同年齢の時期である、「22歳まで」と回答した大阪府の48歳の女性もいたが、残念ながら詳しい回答は得られなかった。「17歳まで」と回答した広島県の27歳女性は、父親と混浴しなくなった理由を「思春期だったから」と挙げていたが、一般的に多感な時期であろう中学生時代も父親と入浴していたことになる…。

 ランキング上位に目を移すと、最も多かったのは「10歳まで」と回答した女性だった。理由としては、次のような意見が集まっている。

「胸が膨らんできたので、そろそろ控えるべきかなと思いました」(兵庫県・48歳女性)

「父と一緒だと、お風呂が狭く感じるようになったからです」(岐阜県・47歳女性)

「父がお風呂で自分の下を隠すようになったので、私自身もなんだか変だと感じるようになりました。また、私の入浴中に父が『湯加減どうだ?』といきなり顔を出してきて、とてもムカついた覚えがあります。その頃ですね、父と一緒に入るのをやめたのは」(東京都・41歳女性)

 成長すると自分の身体つきに変化が出てきたり、男女では身体のつくりが異なっていたりという事実を明確に理解し始めるタイミングの目安が、10歳という年齢なのかもしれない。他には、

「友達に指摘されたので……」(岡山県・38歳女性)

「まわりの友達が、もうお父さんとは一緒に入っていないと話していたことがきっかけです。年頃の女の子なら、当たり前なのではないでしょうか」(神奈川県・29歳女性)

 といったコメントも寄せられており、周囲の影響もかなり大きいようだ。

 一方、2位から5位までの51人の女性は、年齢が2ケタに達する前に父親との入浴を卒業している。

「母親に止められたのですが、当時、特に違和感は抱きませんでした」(5歳まで・宮城県・50歳女性)

「一人でも身体を洗えるようになったので」(7歳まで・佐賀県・50歳女性)

「父親とではなく、姉妹で入浴するようになったからです」(9歳まで・東京都・46歳女性)

 と、家庭内における自立をうかがわせるエピソードもあれば、

「父親がだんだん、姉妹の胸の大きさを比較するなど、不快な発言をするようになったから。父親の裸を見るのも嫌でした」(6歳まで・北海道・43歳女性)

「お風呂で父にかけ算九九の復習などをさせられ、のぼせてしまったことがあり、祖父にやめさせられました。もともと父とは一緒に入りたくなかったので、嬉しかったんですけどね」(7歳まで・福岡県・43歳女性)

 なんて、父親への嫌悪感があったことを告白する声も。

 ちなみに、「0歳まで」と回答した長崎県の49歳女性は「そもそも母親としか入浴したことがない」そうだ。

◆父親が娘とのお風呂を控えるのは、自立を促すため?

 なお、先述の『中居くん決めて!』に出演していた壇蜜いわく、父親とは“頑張れば”一緒に入浴できるが、むしろ父親が恥ずかしがるだろうとのこと。今回のアンケート回答のなかにも、父親のほうから娘と距離を置いたという話はこれだけ出てくる。

「小学3年生くらいになると、父から一緒に入るのをやめるように言われた記憶があります」(9歳まで・埼玉県・37歳女性)

「子どもの頃は父とのお風呂が大好きでしたが、『もう一人で入りなさい』ということで、一緒に入浴するのをやめました。もっとも、普段の家事や子育ては母親メインのことが多いでしょうし、お風呂だけでも父親が担当するのはいいことだと思います」(11歳まで・茨城県・45歳女性)

「中学生になったら、父親側からお断りされた」(12歳まで・徳島県・48歳女性)

 上記のコメントに登場する父親たちは、何を考えていたのだろうか。壇蜜の父親のように娘との入浴が恥ずかしくなったのかもしれないし、あるいは、「いつまでも父親に甘えず自立しろ」と娘に伝えたかったのかもしれない。

 自立という観点でいくと、教育評論家の“尾木ママ”こと尾木直樹氏は2015年4月に自身のブログで、父親と娘の入浴は「人間形成の上でも大変大切なこと」「しかしそれは小学校4年位までのこと」だと綴っていた。

 アンケートで「1歳まで」と回答した神奈川県の49歳女性も「お互いが気にしないなら、何歳になっても一緒にお風呂に入ってもいいのでは」と語りつつ、「ただ、それを公言するのはやめたほうがいいと思います」と指摘。

 父親との入浴は何歳までOKなのか――正解が出る問題ではなさそうだが、冒頭で触れた北見のようなケースだと、肩身が狭く感じてしまうことがあるのは確かなようだ。<取材・文/A4studio>

【調査概要】

調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。

調査期間:2018年2月13日

有効回答者数:18歳から50歳 全国の女性100名

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント40

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ