元AKB48島崎遥香、塩対応キャラの苦悩明かす 「そうしないと生きていけなかった」

2019/2/18 15:00 しらべぇ

(画像は島崎遥香Instagramのスクリーンショット) (画像は島崎遥香Instagramのスクリーンショット)

(画像は島崎遥香Instagramのスクリーンショット)

15歳でAKB48の研究生として芸能界デビュー。2012年には『永遠プレッシャー』で初のセンターを務め、同グループの次期エースとして期待された「ぱるる」こと島崎遥香(24)。

2016年のAKB48卒業後は女優として活躍する島崎が、17日放送『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)に出演。自身の代名詞ともなった塩対応が「キャラだった」ことを初告白し、大きな反響が起きている。

 

■代名詞の「塩対応」はキャラ?

握手会などで、愛想がなくそっけない「しょっぱい対応」のことを「塩対応」と呼ぶ。その代表的なアイドルを問えば島崎の名が挙がるほど、彼女の代名詞として定着していた。

この日の放送では、穏やかな表情で登場した島崎。「ハキハキしてぱるるらしくない」と周囲からヤジられると、笑顔で「今日は頑張って爪痕を残したい」と意気込みを語る。

「バラエティーが大好き、今後はどんどん出演したい」と明かし、これまでの塩対応は「キャラだった」ことを初告白。群雄割拠のアイドル界、個性の強いメンバーが集まるAKB48内では「そうしないと生きていけなかった」と本音を漏らした。

 

■東野への感謝

バラエティーは好きだがコメントは苦手という島崎は、過去の「忘れたい黒歴史」を振り返る。

明石家さんま司会の番組で、藤田ニコルや滝沢カレン、加藤諒、ふなっしーら「バラエティ強者」に囲まれた島崎。自身も「頑張って話さなきゃ」と誓ったものの、周囲の個性に押しつぶされ無言の時間が続いてしまう。

その時、フォローしてくれたのが東野幸治だった。「彼女も一生懸命」とスタジオを盛り上げながら、必死に後押ししてくれたことを、島崎は「神様だな」と感動。黒歴史になりかけたテレビ出演を良い思い出に塗り替えてくれた感謝を示した。

■視聴者の反応は?

これまでのテレビ出演ではあまり見られなかった、楽し気にトークを展開する島崎の姿。視聴者からは好意的な意見が寄せられている。

これまでの島崎を知っている層からは「キャラ変した?」「必死すぎる」との指摘もあったものの、新・島崎を楽しんでいる視聴者は多いようだ。

 

■約4割に「黒歴史あり」

しらべぇ編集部で全国20〜60代の男女1,358名を対象に調査したところ、全体の約4割に「人には言えない黒歴史がある」と判明した。

黒歴史

「塩対応」が本当にキャラ付けのためだったなら、そっけない態度でメディアに出演し続けた過去は島崎にとっての「黒歴史」となるだろう。

それでも、それすらネタにしようとする力強さと覚悟が島崎からは垣間見えた。「本当のぱるる」としての今後の活躍に注目したい。

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ)

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2016年6月24日~2016年6月27日
対象:全国20代~60代の男女1,358名(有効回答数)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント159

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ