Motorola G7シリーズハンズオン:コスパ最高です!

2019/2/13 12:30 ギズモード・ジャパン

Photo: Sam Rutherford (Gizmodo) Photo: Sam Rutherford (Gizmodo)

コスパコスパ!

スマートフォンは高い。10万超えも増えてきた今日この頃。でも、全モデルが高いと世界はまわりません。比較的安価な中級レベルのスマホシリーズをだしてきたMotorola。今年のG7シリーズはかなりいい! 米Gizmodoのハンズオン・レビューをどうぞ!

Motorola(モトローラ)は、安価な中級スマホシリーズを出しています。正直、昨年のG6シリーズは微妙だったものの、今年はいい。2019年のG7シリーズは3モデル、Moto G7G7 PowerG7 Play。ユーザーの好みや必要性に応じた異なる仕様がまたいいです。

Moto G7

G7シリーズの長とも言えるMoto G7。お値段300ドル(約3万3170円)。昨年のG6(5.7インチ)から50ドルアップ。が、値上げ分の価値は十分にあり! 6.2インチ(2,270 x 1,080)スクリーンにティアドロップ型ノッチあり。プロセッサは、Qualcomm(クアルコム)のSnapdragon 632、RAM 4GB、基本容量64GB。Galaxy S9の容量が64GBなのでお得感ありますね。

3モデルのなかで、デュアル背面カメラがあるのはMoto G7のみ。弟分のG7 PowerとG7 Playも、良カメラアプリがインストールされていてポートレートモードなどありますが、これはソフトウェアのおかげ。センサーが1個多いというハード面の利点はMoto G7のみ。

G7 Power

背面はGorilla Glass採用、ディスプレイは6.2インチですが、1,520 x 720なのでMoto G7よりもかなりダウン。プロセッサはSnapdragon 632ですが、RAM 3GBで容量も32GB。ただ、特筆すべきは5000mAhというバッテリー。

フラッグシップ端末でも4000mAhというバッテリーが多い中、このバッテリー馬力はかなり強烈。とにかくバッテリー重視する人には、これだけで大きな決め手となりそう。

G7 Play

背面はプラスチック、スクリーンは5.7インチ、RAM 2Gで容量32GBと、シリーズ末っ子モデルながらも、200ドル(約2万2120円)という魅力的な価格でバランスをとっています。

3モデルすべて、背面指紋認証センサ搭載で、多少の水しぶき程度ならへっちゃらなはっ水コーティングがほどこされています。OSはAndroid 9 Pie。ヘッドホンジャックあり。カメラアプリは多様な撮影モード、ハイパーラプス動画撮影、複数枚で1つの画像を作る高画質撮影も可能。米国では全モデルアンロック版ありで、3月発売予定。

ここ数年言い続けている気がするけどMotorola、安価なスマートフォン市場を完全に握ってます。G7シリーズでさらにしっかり握ってます。この価格で3モデル、3つのユーザー層を想定してだしてきたのはさすがです。

スマホは必要。でも、ハイエンドの高額スマホは自分にはもったいないと思っているひと、けっこういるはず。ハイエンド端末の価格が上がればあがるほど、中級端末の需要も増えていくのでしょうね。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント0

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ