【辛党必食】花椒たっぷり“シビ辛グルメ”がうまそう!「ローソンストア100」に全7商品

2019/2/12 11:00 ウレぴあ総研

シビれる辛さの麻婆チキンカツ丼 シビれる辛さの麻婆チキンカツ丼

ローソンストア100にて、2019年2月6日(水)から3月5日(火)までの期間、中国の山椒「花椒(ホアジャオ)」などを使用し、シビれる辛さに仕上がったメニューが揃う「シビれる辛さフェア」が開催中です。

ローソンストア100の「シビれる辛さフェア」では、山椒などで感じる痺れる辛さの「麻(マー)」と、唐辛子で感じる舌がヒリヒリリする辛さの「辣(ラー)」の両方を味わえるメニューがラインナップ。

「シビれる辛さ」のために使用された調味料は、国産の山椒のほか、中国の調味料「花椒」「辣油(ラーユ)」「豆板醤(トウバンジャン)」「麻辣醤(マーラージャン)」、韓国の唐辛子味噌「コチュジャン」など。サンドイッチやおにぎりなどの定番メニューが、刺激的な味付けにアレンジされています。

中でも麻婆丼にチキンカツが大胆に乗せられた「シビれる辛さの麻婆チキンカツ丼」は、食べごたえバツグン!

一口目から汗が噴き出るような悪魔的な激辛商品に加え、旨味が強いマイルドな辛さの商品も取り揃え。辛さが苦手な方も注目してみては?

【「シビれる辛さフェア」商品一覧】

◆シビれる辛さの麻婆チキンカツ丼
・価格:350円(税込378円)
白いご飯の上に山椒や辣油などでシビれる辛さに仕上げた麻婆ソースをかけ、大きなチキンカツを丸ごと1枚乗せてあります。別添の山椒は日本の山椒。花椒よりマイルドなシビれと言われています。

◆シビれる辛さの焼肉巻セット
・価格:200円(税込216円)
豚焼肉と鶏そぼろ、花椒を使用したシビれる辛さの高菜を中具にした巻き寿司。一口食べると汗がじんわりとにじんで来る刺激的な味わい。「唐辛子味噌」とも呼ばれる「コチュジャン」で味付けをしたご飯には、韓国料理「ビビンパ」のようなピリっとした辛さと旨味があります。

◆シビれる辛さのまぜそば風おにぎり
・価格:100円(税込108円)
四川料理には欠かせない「豆板醤」で炊き込んだご飯に、非常に辛い「まぜそば」を混ぜ込んたおにぎり。「まぜそば」には鶏そぼろとメンマが入っています。

◆手巻おにぎり シビれる辛さの高菜
・価格:100円(税込108円)
シビれる辛さを存分に味わえる、シンプルな高菜おにぎり。具は花椒が利いたとても辛い「高菜漬け」です。

◆シビれる辛さのまぜそば風サンド
・価格:200円(税込216円)
山椒の「シビれ」と唐辛子の「辛み」を併せ持つ調味料「麻辣醤」を使用し、シビれる辛さに仕上がった台湾風まぜそばを挟んだサンドイッチです。「台湾風まぜそば」と「卵黄ソース」の二層仕立てになっており、卵黄ソースには花椒入りの非常に辛い高菜漬けと鶏そぼろ、人参、玉ねぎが入っています。

◆シビれる辛さの高菜焼そば
・価格:200円(税込216円)
唐辛子入りのごま油「辣油」で炒めた塩焼そばに、花椒入りの非常に辛い高菜漬けをトッピング。山椒の「シビれ」と唐辛子の「辛み」をシンプルに楽しめる焼そばです。

◆シビれる辛さの高菜チキン
・価格:200円(税込216円)
もやし炒めの上に、唐辛子ダレで味付けした鶏のもも肉を盛り付け、さらに花椒のきいた辛い高菜漬けをトッピング。お酒のおつまみとしてはもちろん、おかずにしてもご飯が進む一品です。

※エリア、店舗によって品揃えが異なります。
※エリアによって仕様が異なります。

(うまいめし/うまいめし)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント0

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ