ジャニーズ事務所の混迷は「嵐の活動休止」では収まらない?

2019/2/12 07:14 アサジョ

ジャニーズ事務所の混迷は「嵐の活動休止」では収まらない? ジャニーズ事務所の混迷は「嵐の活動休止」では収まらない?

 嵐の活動休止が発表され、ジャニーズ事務所の今後を憂う声が上がっている。SMAPが解散してからというもの、ジャニーズ事務所の稼ぎ頭が嵐であることは間違いないからだ。一説によると、嵐は年間330億円を売り上げていると試算されているという。さすがのジャニーズグループとはいえ、嵐ほどの稼ぎを出せそうなグループは、現在のところ見当たらない。

「スポーツ紙によると嵐休止までの2年間でおよそ3500億円の経済効果が見込めるとのこと。もちろん、これはジャニーズに入る金額ではありませんが、嵐は相当な額を置き土産としてジャニーズに残していくことになるのではないでしょうか」(芸能ライター)

 ファンの憂いは“嵐ロス”だけではない。SMAP、嵐に続いて脱退や活動休止を考えるメンバーやグループが現れるのではないかと、心配が尽きないのだ。

「SMAP、嵐だけではなく、山口達也の不祥事解雇、渋谷すばるの脱退、King&Prince岩橋玄樹の活動休止など、昨今のジャニーズには、今までにないほど“嵐”が吹き荒れています。また、ジャニーズ事務所に限りませんが、これまでなら、例えば事務所がスキャンダルをあの手この手でもみ消してくれたことへの恩義を感じて、あるいは、逆に事務所に弱みを握られて辞められないということはあったかもしれません。しかし、芸能人の労働環境について厳しい視線が向けられている昨今、昔の芸能界のように事務所がタレントに比べて圧倒的に強いという風潮でもなくなってきていますからね」(前出・芸能ライター)

 果たしてジャニーズ事務所は“嵐の後の静けさ”となってしまうのか。

(伊藤その子)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント24

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ