【あらゆる良縁を結ぶ】北陸のパワースポット「白山比咩神社」に行ってきた

2019/2/12 10:00 TABIZINE

tabizine.jp tabizine.jp

白山比咩神社の拝殿

人との縁はもちろん、職場との縁や旅行先との縁など、人は「縁」という目に見えないものに人生を大きく左右されます。しかし、縁とは不思議なもので、一時期は「悪縁」に思えたとしても、後々「良縁」だったと気づくことも。

今回は「悪縁を断ち、良縁を結ぶ」という北陸のパワースポット「白山比咩神社」を現地ルポ。あまり知られていない神様の近くに行けるマル秘スポットもご紹介します。白山比咩神社を参拝して、良縁を結び、人生を向上させたいですね。

なぜ「縁結び」のご利益があると言われている?


白山比咩神社の案内

「白山比咩神社」は地元の人たちから「しらやまさん」と呼ばれ、親しまれている神社です。全国白山神社の総本宮であり、加賀の國の一ノ宮でもあります。そんな「白山比咩神社」のご祭神は菊理媛(くくりひめ)。日本書紀では、伊奘諾尊(いざなぎ)と伊弉冉尊(いざなみ)を仲直りさせた女神として登場します。そのことから、白山比咩神社は、良縁成就のご利益がある神社として有名なんです。

歩くだけでパワーアップ!一の鳥居から参拝


白山比咩神社の表参道

拝殿にすぐに行ける参拝コースもありますが、せっかくなら、表参道の一の鳥居から参拝しましょう。約250メートルにわたり、緩やかな並木道の登り坂が続いていますが、それほど疲れません。

白山比咩神社の御神木

坂の途中にある御神木の「老杉」。隣に立つ女性と比較すると、その大きさがわかります。根元の周り約12メートル、樹高約42メートルの巨木で樹齢は約800年だそうです。

白山比咩神社の老杉

御神木に触れるだけでもパワーを感じるとか。実際に触れてみたところ、最初はヒンヤリとしていましたが、次第にポワッとほのかな温かさのようなものを感じて、不思議でした。

白山比咩神社の狛犬

二の鳥居の両サイドには、少しだけ微笑んでいるように見える狛犬が鎮座しています。これまで様々な神社の狛犬を見てきましたが、このような表情の狛犬は珍しいかもしれません。

荒御前神社

三の鳥居を越えると「荒御前神社」が目に前に。こちらには、日本書紀の中で神功皇后(じんぐうこうごう)が朝鮮半島に出兵した際、守護した荒御前大神をはじめ、日吉大神、高日大神、五味島大神が祀られています。

白山比咩神社の拝殿

神門越しに見る「拝殿」。少し雪が積もっていて風情があります。

みそぎ体験もできる「禊社・禊場」


白山比咩神社の禊社・禊場

拝殿に向かって右に進み、南参道を歩いていくと「禊社・禊場」があります。この禊場では神職の方の指導のもと、春から秋にかけて月に2回、みそぎ体験ができるそう。装束を着て、白山の清らかな地下水が満ちた禊場に入り、心身を清めることができます。体験者には神社より修了証の授与も。みそぎ体験ができる神社はなかなかないので、機会があればぜひ挑戦したいですね。

禊場の地下水

ちなみに地下水は思ったよりも冷たくありませんでしたよ。

神様の近くに行ける知られざる場所


白光苑への入り口

「白山比咩神社」にはあまり知られていないマル秘スポットがあります。それは「白光苑」という庭園の中にあり、自由に入ることができます。しかし、白光苑の入り口には竹の棒が置かれていて、本当に入っていいのか迷ってしまう雰囲気。

白山市のベテランガイド、白山市観光連盟の磯部雄三(いそべゆうぞう)さんによると「気にせずに、自由に入っていいんですよ」とのこと。

白光苑のマル秘スポット

ガイドさんに導かれ、白光苑の道なき道をグングン歩いていくと、ご祭神の菊理媛(くくりひめ)が祀られている拝殿の奥が目の前に! 神聖な空気が漂い、思わず手を合わせてしまうような場所でした。ですが、この場所を見つけるのはなかなか難しいでしょう。そのため、白山比咩神社の歴史やスポットについて深く知りたい場合は、観光ガイドをお願いするのもひとつの手です。

白山市観光連盟登録ガイドにつきましては、下記WEBサイトをご覧ください。

うらら白山人
HP:http://www.urara-hakusanbito.com/official_guide/

白山比咩神社の可愛いお守り


白山比咩神社のお守り

社務所には可愛いお守りが置かれています。縁結びのお守り「結び守」。ブルー、ピンク、イエローの3種類があり「結び」のカタチをしているのもいいですね。初穂料は各800円です。

白山比咩神社のお守り

他にも画像中央の「幸守」など、様々なお守りがありましたので、そのときの願いに合わせてお守りを授かるのもいいでしょう。

白山比咩神社
住所:石川県白山市三宮町ニ105-1
電話番号:076-272-0680
営業時間:宝物館拝観時間:9時00分〜16時00分(4月〜10月)、 9時30分〜15時30分(11月)
定休日:宝物館:12月〜3月冬期休館
料金:宝物館:拝観料 大人(個人)300円 (団体)200円 高校生以下無料
交通アクセス:JR北陸本線金沢駅東口8番乗り場から加賀白山バス鳥越線(1日4便)か白峰駅(1日2便)で一の宮下車、徒歩5分。
北陸鉄道鶴来駅よりバスをご利用ください。(一の宮バス停下車)
HP:http://www.shirayama.or.jp/index.html

一の鳥居の手前「いっぷく処 おはぎ屋」で買えるキュートなお土産


いっぷく処 おはぎ屋

参拝を終えた後、立ち寄りたいのが一の鳥居の手前にある「いっぷく処 おはぎ屋」です。こちらには、キュートなお土産がいっぱい!

恋まゆ
恋まゆ

気の合った2頭のオスとメスだけが一緒にひとつの繭を作ると言われている「玉繭」が入ったお守り「恋まゆ」1,296円(税込)。牛首紬でできたお守り袋はデザインも豊富でとってもキュートです。このお守りと白山比咩神社で授かった縁結びのお守りがあれば、2倍のご利益があるかも!?

縁起物のストラップ

こちらは白山シルトと猪目石のストラップ。ハート型と色と石の3つのパワーで縁起物のストラップだそうです。自分用のお土産としてはもちろん、友人へのお土産にもいいでしょう。

いっぷく処 おはぎ屋
住所:石川県白山市白山町レ122-1
電話番号:076-272-5510
営業時間:月~金 9:00~16:30、土・日・祝 9:00~17:30
HP:http://ohagiya.com/

白山比咩神社を参拝してみて、近い将来、霊峰白山の頂上付近にある奥院にも参拝してみたくなりました。

[All photos by あやみ]

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント1

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ