手持ちアイテムで美肌に近づく♡ちゃんとやってる?スキンケアのポイント3コ

2019/2/12 22:45 美容マガジン myreco(マイリコ)

毎日当たり前のように行っているスキンケア。 でも今使っているスキンケアアイテム、ちゃーんと使いこなせていますか? 高いデパコスのアイテムでも、プチプラの名品でも、正しい使い方ができていなかったらその効果は半減どころか、むしろ逆効果になってしまうこともあるんです。 肌年齢17歳を誇る元美容部員が、今ある手持ちのスキンケアアイテムで、明日からの美肌を叶えるスキンケアのポイントをお伝えします♪

まずは最低限の手持ちアイテムをチェック!


VICUSCHKA /Shutterstock.com

手持ちのスキンケアアイテムで、とはいいましたが、最低限、日々のスキンケアに必要なアイテムはそろっていますか?次のアイテムがない方は、プチプラでも構わないのできちんと揃えましょう。


1. メイク落とし
クレンジングオイルでも、ミルクでも、きちんと落ちるものなら構いません。
ただ、できればふき取り用のシートタイプでないものを選びましょう。
アイメイクが濃いめの方は、ポイントメイクアップリムーバーも必須です。


2. 洗顔料
石けん、フォームタイプ、どちらでも構いません。


3. 化粧水
好みのテクスチャー(使用感)のものを選ぶとスキンケアタイムが楽しくなります♪


4. 乳液orクリーム
こちらも好みによって、乳液でもクリームでもOKです。
ただし、どちらかは必ず用意しましょう。


※美容液:今回、美容液は基礎アイテムに含みせん。

ただ、このあとご紹介するスキンケアのポイントは美容液も共通なので、要チェックです☆


使用量は足りている??


Pixel-Shot /Shutterstock.com

クレンジングでも、洗顔でも、化粧水でもなんでもですが、意外と大事なのがこの使用量。多くの人は、足りていないことがほとんどです。量が足りないと、せっかくのケアがお肌の負担になってしまっていることもあるので要注意ポイントなんです!


その原因は「摩擦」!


十分な使用量ではない場合、手やコットンなどが直接肌を擦ってしまい、肌にダメージを与えることになってしまいます。化粧品はそういった摩擦のダメージを減らすべく、考慮して作られているのできちんと使用目安量を守りましょう。


それだけで、基本の肌力がぐっとあがりますよ!

※各アイテムの使用目安量はメーカーやアイテムで異なるので、説明書きはしっかりチェックすることが大切です。


気になるところには重ね塗りしてる??


Zodiacphoto /Shutterstock.com

乳液やクリームを一通り顏に馴染ませた後、なんとなく気になる部分はありませんか?
そんな部分に有効なのが重ね塗りです!!
顏の中でも乾燥する部分、潤っている部分など実はさまざまに分かれています。


特に乾燥しやすく、年齢が出やすいのが

1.目の周り
2.口回り
3.鼻の横(頬の内側)

の3ヶ所です。


もし当てはまる箇所があったら、その部分にはスキンケアの最後に乳液やクリームを重ねてみましょう。
ちなみに傷跡を早く治すにはターンオーバー(お肌の生まれ変わりサイクル)を整えてあげることが必要ですし、気になる毛穴の原因は乾燥なので、ぜひ重ね塗りしてみましょう!


翌朝いきなり肌が変わる!ということはありませんが、毎日続けていくと肌の調子が上向いていくのが実感できると思います♪


ハンドプレス、ちゃんとしてる??


metamorworks /Shutterstock.com

スキンケアの最終段階はハンドプレス!
化粧水、乳液などのそれぞれの工程の最後に、手で顏を包み込むようにして顔に馴染ませましょう。その効果は、肌への浸透力UPです。


手の体温が、肌(角層)への浸透を高めてくれるのです。最後にしっかり肌をおさえてあげることで、もれなくもっちりお肌になれちゃいます。

コットン派の方も、最後にハンドプレス、おすすめですよ♡


ハンドプレスしながら深呼吸すると、ストレス軽減にもなるのでより美肌に近づけます!またハンドプレスすることで、今のお肌の手触りもチェックできます。
毎日ハンドプレスして、その日の肌の手触りをチェックしてあげください☆



いきなりスキンケアアイテムを変えたり、お高い美容液を投入したりすることなくお肌が綺麗になったら最高ですよね!
それには、今使っているアイテムの力をきちんと発揮させてあげることが大切です。
量を守ったり、ハンドプレスをしてあげたり、手持ちアイテムの効果をより高めて、美肌を目指しましょう♡

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント0

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ