今一番脱げるシンガー・藤田恵名が大号泣 「服を着たい」悩みに壇蜜が的確助言

2019/2/12 10:30 しらべぇ

水着や過激な衣装で歌い上げる、「今一番脱げるシンガー」として人気を博している藤田恵名(28)が11日深夜放送『中居くん決めて!』(TBS系)に出演。

「いつまでこの格好で歌えばいいのか」悩みを吐露した藤田に、中居正広(46)や壇蜜(38)が助言。藤田が大号泣する展開となった。

 

■藤田の悩み

20歳で歌手を目指し福岡から上京した藤田。当時所属していた事務所の提案で2014年からグラビア活動をはじめ、グラビアアイドルとしての人気を獲得する。

その後、目立つためにビキニでライブをはじめ、歌手としての知名度を高めていったものの、「過激な衣装ばかり目立ち歌詞が伝わらない」「女性ファンが出来ない」と別の悩みが多発。このまま脱げる歌手として突き進むか、スパッと服を着るか、中居らに相談した。

「こんなに長く水着を続けるつもりはなかった。辞めるタイミングを逃して『いつまでやってればいいんだろう』って思ったりする」、藤田の悩みにスタジオでは議論が交わされる。

 

■壇蜜らの意見は…

平成ノブシコブシ・吉村崇(38)は「歳をとって『早く服を着ろよ』って言われるまで突き進むべき」、トレンディエンジェル・斎藤司(39)は「男性ファンを引き付ける方法として間違ってない、自信をもって続ければいい」、中江有里(45)は「手段としてそれを使い続けるかは切実」とそれぞれが意見を口にしていく。

壇蜜は「スゴイ真面目で一生懸命」と藤田を分析し、「人に引っかかるために、ビジュアルではなく文章で伝えるべき」と助言。

「ブログや連載など言葉で訴えかける仕事があれば、歌や見た目以外のプラスワンになって、恵名さんのことを理解してくれる人が増える」と持論を展開する。

さらに「脱ぐ脱がないを自分で言うべきではない」と指摘。「自分の意思でまわる世界じゃない、自分の意思を後回しにしなければならない時が来る」と自身の経験を踏まえ熱弁。「自分をウソつきにしないために、言わぬが金の時もある」とアドバイスした。

■藤田は大号泣

壇蜜の助言で涙ぐみはじめた藤田だったが、自分の悩みに全員が真摯に答える姿に喜び大号泣。中居は「服を着て歌うべき」と回答し、「一回、周囲のリアクションを見てからどう進むべきか決めればいい」と結論付ける。

この中居の回答を受けた藤田は晴れ晴れとした表情で「自分が思っているほど怖がることでもないんだなって思った。今できることを頑張っていく」と決意を新たにした。

 

■視聴者の反応は?

藤田の切実な悩み、出演陣の回答を受け、視聴者からも応援の声が寄せられている。

 

■壇蜜のアドバイスに称賛も

とくに自身もグラビアでデビュー、映画ではヌードも披露するなど「求められた仕事をこなしてきた」壇蜜の的確な助言には、惜しみない称賛の声があがっていた。

 

■6割は「理想と現実」にギャップ

しらべぇ編集部で全国20~60代の男女1,376名を対象に調査したところ、全体の約6割が「子供のころに思い描いていた自分の未来と今の現実は違う」と回答している。

子供の頃思い描いた未来グラフ

藤田も思い描いていた歌手とは異なる、「脱げるシンガー」になってしまったことに悩み続けてきた。

それでも、需要があり人気を得られた以上、間違った選択ではなかったのだろう。遠回りしたのかもしれないが、彼女の理想の歌手への道はその先に繋がっているに違いない。

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ)

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2016年7月22日~2016年7月25日
対象:全国20代~60代の男女1,376名 (有効回答数)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント12

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ