けやき坂46が2月11日から日向坂46に改名!齊藤京子 改名を熱望していた理由とは?

2019/2/12 06:01 ニュースラウンジ

 アイドルグループ『けやき坂46』の佐々木久美(23)、加藤史帆(21)、小坂菜緒(16)、齊藤京子(21)、柿崎芽実(17)、佐々木美玲(19)が11日、都内で動画配信サイト『SHOWROOM』で『ひらがなからのおしらせ』を生配信。『日向坂46』への改名を含めた6つの重大発表の後に、囲み会見を開いた。

 『けやき坂46』は“ひらがなけやき”とも呼ばれており、『欅坂46』の姉妹的なグループとして21人のメンバーで活動している。この日は、重大発表という触れ込みで開催されその内容として、

 ・3月27日に単独デビュー
 ・デビューシングルがファッションサブスクリプションサービスで知られる『メチャカリ』とタイアップ
 ・3月5、6日にはデビューカウントダウンライブを横浜アリーナで開催
 ・単独オフィシャルサイト、公式SNS、ファンクラブの発足
 ・デビューカウントダウンライブのチケット先行予約

 の5つまでが発表され、その後、メンバーたちにもサプライズへ。グループが、この日から『日向坂(ひなたざか)46』と改名されることが大発表。発表の瞬間、メンバーたちは驚きのあまり、生配信も忘れて「好き!」「めっちゃいい!」「嬉しい!」「すごい!」「うちら日向って呼ばれるんだよ!」と、興奮しながら抱き合ったり、早くも手のポーズをどうするかと作ってみたり、ひとしきり落ち着いた後には、あふれ出る涙をぬぐうメンバーが続出。『日向坂46』のカラーは空色だが、そのロゴへも「可愛い!」と、メンバーたちもすぐに気に入った様子を見せていた。

 その後、興奮覚めやらぬなか囲み会見が開催。

 「ずっとシングルデビューをこのメンバーでするというのを夢に掲げてきたので、その夢が現実となって本当に、本当に嬉しいです。アルバムは昨年6月に発売しましたけど、シングルデビューということでもっともっとたくさんのことに挑戦できるグループに、もっと高くまで飛べるようなグループにと思っています」(佐々木久)

 「あらためて、シングルデビューさせて頂けるということで、いままで支えてくださったファンのみなさまや、スタッフ・関係者のみなさまに感謝しています。ひらがなけやきではなくて『日向坂46』としてデビューするということで、日向というのは暖かいイメージがあって、みなさんの心を暖かくできるようなグループにできたらと思います」(柿崎)

 「3年間頑張ってきたものを、このデビューにぶつけてきたいと思います。尊敬している『乃木坂46』さんのような、美しさとか清楚さとか、大好きな漢字欅さんのパフォーマンス力とか格好良さを兼ね備えた兼ね備えたハイブリッドグループになるのが夢です。全力で頑張ります!よろしくお願いします」(加藤)

 「ずっと夢に見てきたシングルデビューができるということに、本当にすごく感謝しています。ありがとうございます。『日向坂46』として、新たな一歩を踏み出すことで、いろいろなことに挑戦しながら、もっとたくさんの方に愛されるようなグループにと思っています。これからもよろしくお願いします」(小坂)

 「このような機会を頂けてありがとうございました。前に『私達のライブは日向です!』と言ったことがあって、輝いている場を日向といういう言葉で表して。だからこれからは、私達の活動すべてが日向って言われるような『日向坂46』になりたいです」(齊藤)

 「今回シングルデビューという話と、『日向坂46』というお話を聞いて、私もサプライズ発表だったので、びっくりしていまも頭が回っていない状態です。21人全員でこれからも突っ走っていきたいと思います。よろしくお願いします」(佐々木美)

 『日向坂46』の名前の印象について質問が挙がったが、佐々木久美は「『日向』は暖かい雰囲気を感じました。すごく可愛い名前だし、グループカラーも空色で、空まで高く飛べるようにという思いもこもっているらしくて、そういう名前を考えてくださった方々に感謝の気持ちがいっぱいです。胸を張っていけるように、この名前を背負って頑張りたい」と、意気込み、方向性としては「ハッピーホットかな」とその場で思い浮かんだことを6人で笑い合いながら明かしていた。

 さらに、生配信中に齊藤は「3年間やってきて、(改名は)1番の夢だった。これまで果たしたい3つ夢があると言ってきて、1つ目が“ひらがな”の単独番組、2つ目が“ひらがな”の単独CDを出すこと、そして3つ目が“ひらがな”の改名。だからマジで嬉しいんだけど!」と、夢を持っていたことを話していた。

 なぜ、改名を夢にしていたのかへ「これからメジャーに出ていくうえで、ひらがなけやきはすごく素敵だと思いますけど、こんがらがっちゃうなと思っていたんです。漢字欅さんがいて、『欅坂46』として出演する場合は私達が絶対に呼ばれないし……。そうすると、名前でやっぱりいいやとなっちゃうと、悲しいなとずっと思っていたので、メンバーと話をしていたんです」と、思いを明かした。 

 改名したということで、新たに名前を知ってもらうために佐々木久は「シングルデビューを『日向坂46』とさせて頂くので、こういうグループができたんだと、世の中の方々に知って頂く機会があると思うんです。そのときに、実は私達にもひらがなけやきという過去があってというふうに、シングルデビューをしたタイミングでデビュー曲をいっぱい頑張って、こういう過去がありましたというので好きになってもらえたらいいなと思っています」と、話していた。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント8

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ