その態度はないんじゃない?買い物デート中の地雷行動9パターン

2019/2/11 17:00 スゴレン

その態度はないんじゃない?買い物デート中の地雷行動9パターン その態度はないんじゃない?買い物デート中の地雷行動9パターン

基本的にデートは楽しいものですが、こと買い物に関しては「女子のショッピングに付き合うのが苦手」という男性も多いのではないでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性500名に聞いたアンケートを参考に「その態度はないんじゃない?買い物デート中の地雷行動」をご紹介します。

【1】「1時間後に集合ね」と最初から別行動しようとする

「はじめから脱落するなら、二人で来ても仕方ないじゃない」(20代女性)というように、退屈予防に早い段階で別行動を提案すると、買い物デートの意味がないと思われてしまうようです。ただし、一緒に回ると時間が足りなくなるアウトレットモールなどであれば、途中で一旦別行動するのもアリでしょう。

【2】「まだー?」などとせっかちに急かす

「ゆっくり見られないと楽しくない」(20代女性) というように、「欲しいアイテムに絞って見る」男性特有の買い物は、ウィンドウショッピングを楽しみたい女性とは根本的に違うものと考えたほうがよさそうです。次の予定があるなど明らかに時間がない場合以外、急かすのはご法度と心得ましょう。

【3】試着をしても「いいんじゃない?」としか言わない

「もっと意見を言ってほしいのに…」(10代女性)というように、試着後の女性は、男性からの具体的なアドバイスや、テンション高めの褒め言葉を待っているようです。せめて、「どうでもいい」とも受け取れる言動だけは避け、「すごく似合ってるよ」と言ってあげましょう。

【4】「買い物に付き合うのは苦手だから」とカフェで待機する

「『悪いな』と思いながら買い物してもねぇ(苦笑)」(20代女性)というように、女性に気を遣わせるような発言は、お互いにとって良くないようです。相手を喜ばせたくて買い物に連れ出したなら、最後まで付き合って「おもてなし」に努めましょう。

【5】あからさまに「はぁ」とため息をつく

「そんなにイヤなら来なけりゃいいのに!」(20代女性)というように、気を抜いてため息を漏らすのも、不満な心情を露呈させてしまうようです。何か別の理由があってのため息なら、「仕事で心配事があって…」などと、すぐに弁解してはいかがでしょうか。

【6】自分の買い物優先で、レディースコーナーに行こうとしない

「買い物好きすぎる男性もやりづらい(苦笑)」(20代女性)というように、女性そっちのけで自分の買い物に没頭するのも、避けたいケースといえそうです。まず相手の買い物を優先すれば、こちらの用事にも喜んで付き合ってもらえるのではないでしょうか。\

【7】「似たようなの持ってるじゃん」とテンションを下げる

「せっかく楽しんでるのに水を差さないでほしい」(20代女性)というように、女性の買い物にダメ出しをすると、「邪魔しないでよ!」と反感を買ってしまいそうです。ただし、交際期間の長いカップルなら「似たようなの見たことあるなぁ」程度の冗談を言っても許されるでしょう。

【8】「こっちのほうが似合う」と自分の趣味を押し付ける

「自分の服は自分で選びたいのに!」(20代女性)というように、女性の趣味をまったく無視した押しつけは、良いアドバイスとは言えないでしょう。「どっちの色がいい?」と聞かれたときに答える程度がちょうどいいのではないでしょうか。

【9】文句は言わないもののずっとケータイをいじっている

「退屈してるのが丸わかり。ゲームとか最悪」(10代女性)というように、表だって不満を言わなくても、「ただついて行く」だけでは買い物デートの醍醐味を味わわせてあげられないようです。仕事などが理由でケータイを気にするなら、先に断っておくといいでしょう。

退屈そうな言動や、買い物に付き合うのを放棄するような態度が、女性を激しく苛立たせるようです。どうしても苦手なら、出かける前に「申し訳ないけど、長時間買い物するのは苦手なんだ」と断って、ハードルを下げておきましょう。(小倉志郎)

【調査概要】
期間:2014年10月10日から16日まで
対象:合計500名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント25

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ