ビッグマミィ・美奈子、8回目の出産巡り怒声飛び交う スタッフに「お前に関係ねーだろ」

2019/2/11 10:00 しらべぇ

(画像は美奈子Instagramのスクリーンショット) (画像は美奈子Instagramのスクリーンショット)

(画像は美奈子Instagramのスクリーンショット)

10日『ザ・ノンフィクション』(フジテレビ系)で『新・漂流家族 後編』を放送。大家族番組で人気を博したビッグダディ・林下清志氏の元妻、ビッグマミィこと美奈子さんの現在に密着し、元プロレスラー・佐々木義人氏との衝撃の結婚生活が前週に続いて放送された。

 

■再び家出

『新・漂流家族』と題し、初婚で9人の大家族の父となった佐々木氏の苦悩を捉えてきた同放送。8人目の子を宿した美奈子さんを案じながらも、お互いの主張を口汚くぶつけ合う歪な夫婦関係が後編の中心となっている。

食事の準備中、「ご飯をよそって」と声を掛けたが言うことを聞かない子供たちにイラつきを隠せず激高するなど、ストレスが溜まっていた佐々木氏。身重の美奈子さんと家族を残し、再び家出をしてしまう。

美奈子さんは「父になってうまくいく人もいるけど、それは母親を信じて任せているから。『俺が俺が』で任せてくれない。『ちょっと難しいんじゃない』ってそろそろ言わなきゃいけないのかな…」と心境を吐露し涙を零した。

 

■スタッフに激怒

取材スタッフは佐々木氏のもとへ。「子供への考え方の違い。俺がいないほうが良いと思ったから出て行った」と家出の理由を語る佐々木氏だったが、「長男長女に助けてもらえばいい」「仕事してできることはやってる」と自分の発言に徐々にヒートアップしていく。

スタッフが「今の時期だけ少し我慢してくれないかって…」と美奈子さんの言葉を伝えようとすると、「うるせーよマジで!」と怒りをあらわに。「関係ねーじゃん、おめーによ」「どんな思いで結婚したかわかるか」とスタッフに詰め寄る。

「俺の気持ちを知ってるヤツなんて1人もいない」と本音を漏らし、美奈子さんに対しても「何を言っても言い返される、それは腹立つだろうがよ。俺は家族のため、お前のことを思って言ってやってるのに…」と一通り、怒りをぶちまけた。

■3週間後…

美奈子さんも大黒柱としての佐々木氏に感謝を示しながらも、自身も父から一方的で厳しいしつけを受けてきた過去があるからこそ、「全部が全部言う通りにしてたら子供が自分の意見も言えなくなる」と決して折れようとしない。

それから3週間後、家族に平穏が訪れる。精神的に追い詰められていた佐々木氏が落ち着き、美奈子さんは「寝たら忘れるタイプ」と笑う。結局は元の鞘に収まったのだ。

しかしさらに時が経ち、出産を目前に控えたころ、再び2人は激しくぶつかり合うことに。

 

■車中で大ゲンカ

出産前の検診で身体の問題から無痛分娩が難しいと判明した美奈子さんは、明らかに不機嫌な表情を浮かべる。医師からは無痛分娩うんぬんより、赤ちゃんの安全を考えなければならないレベルだと釘を刺され、不安を抱いていたからだ。

「無痛分娩とかより、赤ちゃんの安全を1番に考えて欲しい」とスタッフに漏らしていた佐々木氏は、帰りの車中で「赤ちゃんそんなに大きくないんでしょ?」と不用意に発言すると、それに「妊婦に平気な顔して聞かないで、わかんないよ」と噛みつく美奈子さん。

そこから口論が過熱。妊娠の影響もあるだろう、感情が不安定になっている美奈子さんが「私が一番心配してる。一番無神経なのはお前」と怒りをぶつけると、佐々木氏は「無痛なんてどうでもいいんだバカ」と反論。

「お前に言われたくねーんだよ、うるせー黙れ! 家から出ていけ」と美奈子さんも止まらない。子供の前で、その後も口汚くののしり合う2人の姿が放送され続けた。

■視聴者からは賛否

何度もぶつかり合いながらも、その都度、仲直りする2人の夫婦生活。母と父の間で板挟みに苦しむ子供たちの姿が描かれていった。

最終的には7女を無事出産、新しい家族を囲み喜びを分かち合う「漂流家族」の姿は、視聴者にさまざまな感情を呼び起こさせたようだ。

家族を守る大黒柱になろうともがく佐々木氏への称賛もあったが、幼稚な夫婦、子供への虐待との声もあがるなど賛否入り混じる感想が寄せられている。

どこか歪で、ある意味では一途な家族の姿が描かれた『新・漂流家族』。彼らはこれからもぶつかり合いながら、支え合っていくのだろう。そんな彼らの行く末を、世間が注目し続けていくのは間違いない。

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント1,345

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ