【機内食ルポ】羽田・成田〜ソウル「アシアナ航空」エコノミークラス

2019/2/11 16:00 TABIZINE

tabizine.jp tabizine.jp

アシアナ航空機

筆者が一番乗っている飛行機といえば、ソウル便。その中でもおそらくアシアナ航空が一番多いでしょう。LCCにも乗ることはありますが、楽しみの機内食がないので、アシアナに乗ると機内食が密かな楽しみだったりします。今回はアシアナのソウル便の機内食をいくつか紹介いたします。

羽田ー金浦発着便機内食

筆者がよく乗るのは羽田便ですが、満席だったり、たまにチケットが安い時は成田便を選ぶことがあります。成田発着と羽田発着では到着空港が違ったりすることもあり、機内食の内容がちょっと違うようです。まずは羽田ー金浦便の紹介です。

アシアナ航空 羽田ー金浦便の機内食。鳥の唐揚げ

こちらはよく見るパターンの機内食。トレイにメインと副菜、パンなどが小さな器に入って提供されます。こちらは羽田発金浦便。メインは鳥の唐揚げ。日本風の味付けの機内食でした。アシアナの機内食のパンが美味しくて、密かに楽しみにしていたりします。

アシアナ航空 羽田ー金浦便の機内食。プルコギ

こちらも上と同じ通常タイプの機内食。金浦発羽田便の機内食です。メインはプルコギ。韓国からの便なので多くは韓国料理が出ます。甘辛いプルコギは韓国人は混ぜ混ぜして食べていました。

アシアナ航空 韓国便の機内食にはコチュジャン!

アシアナの機内食といえばコチュジャン。以前は当たり前についてきたのですが、最近は言わないともらえないので、CAさんにお願いしていただきました。韓国人は大体コチュジャンをもらってご飯につけたりしているようです。

成田ー仁川発着便機内食

次は成田ー仁川発着便の機内食です。こちら、先ほどの羽田ー金浦発着便とはちょっと違う機内食が提供されています。

アシアナ航空 成田ー仁川便の機内食。ボックスになっている

写真のようにトレイではなく箱に入ったお弁当みたいな形で機内食が提供されるのです。最初はちょっとびっくりしましたが、エコを考えてのことなのでしょうか?

アシアナ航空 成田ー仁川便の機内食の中身

中を開けるとこんな感じ。温かいメインと、副菜の箱で分かれているのです。副菜の方は豆腐とデザートと、それにお水。通常の機内食より内容がだいぶシンプルになりました。

アシアナ航空 成田ー仁川便の機内食。とんかつ

この日のメインはとんかつ。ですが、仁川発の便だったので韓国風になっています。日本ではとんかつソースをかけますが、韓国ではデミグラスっぽいソースをとんかつにかけることが多いとか。

アシアナ航空 羽田ー金浦便の機内食 すき焼き風

こちらは成田発仁川便。さっきと同じパターンですが、メインは箱ではなくプラスチックのトレイになっていました。こっちの方が熱々で美味しく感じました。

アシアナ航空 羽田ー金浦便の機内食 すき焼き風にコチュジャン

成田発なのでメインはすき焼き風ご飯。筆者はこれにコチュジャンをつけるのが好きなので、コチュジャンもいただきます。

アシアナ航空 成田ー仁川便の機内食。ホットドッグがでてきました

以前、夜遅い便に乗った時は、いつものような機内食ではなく写真のようなホットドッグが提供されました。まさかこんな軽いスナックだけの提供とは思わなかったのでびっくりしました!時間によってはこのような軽食レベルの機内食になるよう。

このアシアナの機内食に関しては賛否両論があるようです。機内食があまりにもシンプルすぎるから。筆者も機内食は楽しみの一つなので、ちょっと残念な気もしますね。これからもアシアナ航空にはお世話になると思うので、大好きな機内食は元に戻して欲しいところです。

[All Photos by Kaori Simon]
Do not use images without permission.

『【特集】韓国超リピーターおすすめのソウル グルメ!話題のカフェもチェック』『日帰りソウル弾丸旅行で知っておくべき10のコツ【リピーター向け】』もぜひチェックを!

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント102

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ