メルカリ愛が話題の篠井英介『トレース』に出演「とーっても嫌な役でしょう?笑」

2019/2/10 17:14 アメーバニュース

メルカリ愛が話題の篠井英介『トレース』に出演「とーっても嫌な役でしょう?笑」 メルカリ愛が話題の篠井英介『トレース』に出演「とーっても嫌な役でしょう?笑」

月9ドラマ『トレース~科捜研の男~』(フジテレビ系)の公式アメブロが8日に更新。俳優の篠井英介について紹介した。

同ドラマは実際に鑑定をしていた元科捜研の研究員という異色の経歴を持つ漫画家・古賀慶氏による累計40万部突破の大人気コミック『トレース~科捜研法医研究員の追想~』を原作とした本格科捜研サスペンス。実際に起きた事件や経験をベースにした、リアリティーあふれる物語を描いている。篠井は俳優の船越英一郎が演じる虎丸良平刑事の上司で嫌味な課長・江波清志の役を演じている。

「先日「アウト×デラックス」でメルカリ愛を熱弁して話題になっていましたよね!」といい「この日は、部下である虎丸刑事に相変わらず嫌味を言っているシーンを撮影。虎丸刑事が「もっと捜査したい」と訴えても「お前の勘なんて知らねぇよ!」と怒鳴りまくっていました」と『アウト×デラックス』出演時とは違う俳優としてのシリアスな一面を紹介。

篠井といえば1月31日に放送されたトークバラエティー番組『アウト×デラックス』(フジテレビ系)でフリマアプリ『メルカリ』にハマった俳優として紹介され、メルカリ生活に密着し話題となっていた。

ブログを更新したスタッフは、篠井の演技について「これが、迫力たっぷりなのですよー」とつづるも、「でも、(失礼ですが)なんか笑っちゃうのはなぜでしょう 不思議ですよね?このシーンなんか、キレすぎて「ヒーッ!」っていうセリフを篠井さんのアドリブで入れていたんですよ」と裏話を明かした。

篠井は自身の演じる役について「とーっても嫌な役でしょう?笑。すごく重い事件を扱うドラマだからこそ、視聴者の皆さんには少しだけ、くすっとというかほっとしてもらえる瞬間があってもいいのではと思ってね」と述べ、「たまにね、こんな感じでわざとめがねをずらしてみたり、声を裏返してみたりしているんです。怖くて嫌な上司には変わらないのだけど、ちょっと遊びがあってもいいかなっと、笑」とこだわりを語った。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント1

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ