「SかMかは映画デートで分かる」猥談のお作法インタビュー/佐伯ポインティ【後編】

2019/2/5 18:41 AM

AM AM

2019年1月特集『恋愛をコンテンツにする』の第3弾、佐伯ポインティさんインタビュー後編です。前編はコチラから。

▼他の特集記事
・【峰なゆか×いつまちゃん】恋愛をコンテンツにしたら人生変わった!対談
・恋愛コラムぐらい私にも書けそうじゃん、そう思ったら読んでください。
・セックス体験談で笑いが取れる「すべらない猥談」とは?/佐伯ポインティ【前編】

きっと世界の共通言語は英語じゃなくて猥談だと思う。
セックスの話をみんなでもっと楽しむために、前編では「すべらない猥談のお作法」をエロデューサーの佐伯ポインティさんにお聞きしました。

後編では、猥談初心者にありがちなNG行為や、「とはいえ、女が猥談をすると嫌がる人いない?」などをお伺いします。佐伯ポインティ流、SとMの見分け方は必見です。

「性欲」と「猥談したい欲」を混ぜるな危険

――猥談初心者によくあるNGはありますか?

「性欲」と「猥談したい欲」を一緒にしちゃうことがよくありますね。

まず、お互いが「この人とエロいことしたいな」って思ってるときに話す猥談と、ただ猥談がしたくて話す猥談は別モノだと思うんです。だってセックス前に全部話しちゃったら面白くないじゃないですか。

その違いがわかってないと、相手は猥談がしたいだけなのに「エロい話をしたってことは、エロいことをさせてくれる人だ!」って勘違いして「じゃあホテルに……」なんて誘い出したりする。

それって、みんなで鍋をつついてるのに、いきなりあーんしてくるようなものですよね。「今、鍋楽しんでたじゃん!? タレもちげーし!」みたいな(笑)

――たしかに、「猥談=誘ってる」と取られることあります!

異性をすべて性的対象として見る人って、男女ともにいますよね。そういう人は、純粋な猥談が苦手だと思うんです。男女の関係づくりを狙った猥談になっちゃうから。

「この人とエロいことはないな」って心から思い合えるような異性のお友達がいる人じゃないと、猥談はけっこう難しいと思うんですよ。

――楽しい輪の中で、いきなり関係性づくりの猥談する人いますね……悲しくなります。

「おーい! 鍋がまずくなるだろ!」と。

――あんことか入れてくる人ですね。

そう、しかもあんこをあーんしてくるみたいな。ポン酢つけたあんこあーんしてくる。ちがうだろ!って(笑)

僕は、エロい話に当人同士の関係っていらないと思ってるんです。だから猥談バーは連絡先を聞くのもアウトにしています。

もちろん猥談バーではエロい人たちを集めてるんですが、ここに来た人同士でエロいことしたら、気まずくて猥談バーで話が出てこないじゃないですか。ほかで各々セックスして、バーでは共有するだけにしてくれ!って考えてて。学会で研究しないでくれたまえ!って感じです。

「予想を超えられたいか」でSかMか分かる

――ところで、女が猥談するのを嫌がる男性っていませんか? こっちは楽しませようとしたのに引かれて悲しかったことが……。

それ、実はSとMの関係で説明できるんですよ。

猥談してると、よく「SとMどっち?」みたいな話になるじゃないですか。色んな人から猥談を聞いたり、取材していく中で気づいたんですが、Mの人は自分の予想範囲を超えられたい人で、Sの人は自分の予想範囲内でやりたい人なんです。

この予想範囲の大きさでプレイが違ってくる。
たとえば、めっちゃ予想範囲の広いSの人って相手を寝取らせたりするんです。でも、予想範囲の狭いSは相手が浮気したらめっちゃ怒るし、自分のルーティンを乱されるとイライラするんです。
逆に、Mの人はむしろ自分のルーティンや予想範囲を打破してほしい。

――予想範囲! SとMに関して新しい説ですね。

それを軸として考えると、映画の感想を聞くだけでSかMかわかるんですよ。
自分の予想通りになってないから認めないのか、自分の予想外だから喜んでるのか。これが一番わかりやすい見極め方ですね。

だから、もし猥談を言う女性に引く人がいるなら、その人は予想範囲が狭いSですよね。
そういう面白猥談をする女性に会ったことがなくて、自分の予想範囲を超えられたから「手に負えねえ女は嫌いだ」ってイラついてる。

――じゃあ一緒に映画を観れば、ある程度わかるんですね。

逆にセックス中の行為だけ見るとわかんないんですよ。責めのクンニも、奉仕のクンニもあるじゃないですか。自分の予想範囲内ではSっぽく振る舞ってるけど、実はちゃぶ台返しされたい人もいるし。

だから相手にどういう予想があるのか、そしてそれを裏切られたいのかどうか。なにか与えられたときの反応を見るとわかったりします。

――ポインティさんはどうですか?

僕は予想範囲が広いMだから、相手にはそれを超えてきてほしいんですよね。

今の彼女はピッタリで、予想を超えるSなんですよ。会ってすぐわかりましたもん。初対面なのに向こうが焦らしながら生挿入を提案してくるっていう。「俺コンドームしようって言ってるけど!?」って(笑)
彼女はマイルールがあるタイプなんで、予想外すぎる人は合わないんです。

口説かれたら「リマインドのキス」で主導権を奪え

――初デートでも猥談をしてもいいですか?

冒頭の話に似てるんですけど、これからセックスしたいと思ってる相手には手の内を明かしすぎないほうが面白いと思うんですよ。「こう口説かれたんだよね」とか手前の話でやめておいて、ベッドでの話はしない。

導入だけ話せるといいですよね。そのあと私がどうなるかは本編で、みたいな(笑)

――ついメインの面白いところを言いたくなっちゃいますね。

さしさわりないのは、初体験の話とか。「お互い性的な存在だよ」って伝えられるけど、現在のベッド上でのプレイスタイルがどうなっているかは秘密……ぐらいのですよね。

あと、これは猥談じゃなく、デートに使えるテクニックなんですけど。
めっちゃモテる女性に猥談を聞いたとき、「バーでキスとかしないの?」って聞かれたんです。「僕そういうのしないっすね。てかバーでキスするんすか? 村上春樹か?」って思って聞いたら、その女性はいろんな人にバーで口説かれるらしくて。

でも、口説くのってそんなに間が持たない。だから途中で仕事の話になったりするんですけど、相手が「上司がさー」とか言い出したときに、彼女からパッとキスして「上司がどうした?」って言うんですって。「お前は今日、口説きに来てるんだろ?」ってリマインドのチュー。

そうするともう相手は2パターンで、めちゃくちゃガツガツくるか、めちゃくちゃ動揺するか。動揺しても結局は口説いてくるから、そのあとの選択権が彼女にあるんですよ。チューだけして帰ることもあるし。

――おしゃれ! やってみたいです。

おしゃれですよね!! チューの仕方で相性が分かるじゃないですか。SかMか、予想範囲の広さも。猥談の手前として使えるテクニックですよね。

他人の猥談はディティールを掘り下げろ!

――逆に、相手から面白い猥談を引き出すコツはありますか?

相手に話してほしいときは自分から話すこと。あと「この人だったら、なに話しても大丈夫だろう」と思われることですね。

その点、僕は「エロデューサー」を名乗ってるので人より聞きやすくて、TwitterにもエピソードだけのDMがよく来るんですよ。
「セフレの家に整理整頓されたCDがあると思ったら、ぜんぶ調教モノのDVDでした」とか。「ぱっと見めちゃくちゃ真面目な書店員なんですけど、ド変態です。ド変態野郎です」って自ら告発してきたりとか(笑)

――たしかに、ポインティさんはなんでも聞いてくれそうな雰囲気がありますね。

話を聞くときは「この人こういうセックスをしそう」って偏見が混じりがちですよね。でも実際に聞いたら、年イチでニューヨークに行ってキメセクしてるかもしれない。それって予想できないし、「普段どんなプレイしてるの?」みたいな質問だと出てこないんです。

だから、こっちが聞きたい猥談を聞くっていうよりは「いろんな話が聞きたいよ〜」って雰囲気でいる方が、予想外な話をもらえますね。

――どんな話でも引かない度量の広さが大事なんですね。

あとはディティールを細かく聞くといいと思います。本人が当たり前だと思って話してないところが、意外と面白かったりするので。

この前も「家で普通にセックスしたんですよ」とだけ言われたので、「家に着いてからセックスまでの流れ、気になる!」って深掘りしたら、「24時ごろに家ついて、人生ゲームしたんです」って言う。

「人生ゲーム!? 普通にセックスしたんじゃないの!?」って(笑)

家の中って言っても、現場が玄関だったりソファベッドだったりするじゃないですか。僕はそういう細かいところが好きだから、流れをよく聞くんですよ。
「どっちがエロい雰囲気を出し始めたの?」とか、「なんて言ってベッド行ったの?」とか。そのあとのプレイ内容は普通でも、手前のほうは個人によって違うから。

――始まる直前の流れは、女子会でも盛り上がります。

でも、この前はパンチある女の子がいて。
みんなで「生理中にセックスする?」って話をしたんですが、その子がよくSMプレイをする相手はベッドにいつもブルーシートを引くんですって。でもそのときは生理中だったから、電マ当てたらブルーシートが殺人現場みたいになった、と。

その話はもうそれで完成してますよね(笑)

細かく聞くのが野暮なこともあるし、めっちゃ面白いこともある。聞いてる自分が満足したかどうかです。まだ満足しなかったら、「どうやってホテル誘ったの?」とか「なんで家いくの?」とか、ほんとに初歩的なことを聞くと意外と面白かったりするんですよ。

恋愛のコンテンツ化には、ツッコミ視点が大切

――今回の特集は「恋愛をコンテンツにする」なんですが、ポインティさんも自分の恋愛をなにかコンテンツにすることはありますか?

今の彼女はめっちゃ面白くて、僕の想像を超えてくることが多いんですよ。だから、はあちゅうさんがインスタで「旦那観察日記」を描いてるみたいに、僕も漫画が描けたらな〜って思いますね。

この前も、彼女をテレフォンセックスに誘ったら「いまそういう気分じゃない」って断られたんですよ。でも電話してたらお互いムラムラして。向こうがTバックのお尻とか写してくれるから、「うわむっちゃムラムラするから無理だわ! テレフォンセックスしようよ!」って言ったら、「いや、しない」って。

「じゃあ俺オナニーするね」って言ったら、「私もムラムラするからオナニーしてくる。じゃあね」って。それなら、テレフォンセックスすればいいじゃないですか。
マイルールで生きてんな〜!って思いました(笑) 

――それはたしかに彼女がしみけんさん側ですね。

彼女は美大卒だから絵が描けるんですけど、僕は描けない。役回りが逆なんですよ。一度、彼女に漫画を描いてもらったら「え、そこ選ぶの!?」ってエピソードだったし(笑)

だから、恋愛をコンテンツ化するときは「相手の面白いところをツッコミながら、コンテンツにできるかどうか」が大事ですよね。

はあちゅうさんは視点がツッコミじゃないですか。ツッコミの感覚がすごいので、「旦那観察日記」が面白いんだと思います。ああいう素敵なコンテンツ、結婚したらやってみたいです(笑)

▼特集「恋愛をコンテンツにする」の記事
・【峰なゆか×いつまちゃん】恋愛をコンテンツにしたら人生変わった!対談
・恋愛コラムぐらい私にも書けそうじゃん、そう思ったら読んでください。
・セックス体験談で笑いが取れる「すべらない猥談」とは?/佐伯ポインティ【前編】

Text/AM編集部

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント0

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ