ぼっちあるある! 2人組を作るときに余った経験がある人の割合とは

2019/2/3 15:00 しらべぇ

(©ぱくたそ) (©ぱくたそ)

学生時代にぼっちでいた経験のある人にとって、教師からの「2人組作って」の言葉はつらい思い出しかないだろう。相手が見つからずに、余ってしまうのだ。

 

■3割以上が2人組で余った経験あり

しらべぇ編集部では全国20〜60代の男女1,664名を対象に、「人間関係について」の調査を実施。

2人組を組むのに余った経験があるグラフ

「2人組を組むのに余った経験がある」と答えた人は全体で33.8%と、やはり一定数はいるようだ。

 

■仲良くしていた友達から無視され

性年代別では、ほとんどの年代で男性よりも女性の割合が高くなっている。

2人組を組むのに余った経験がある性年代別グラフ

それまで仲良くしていた友達から、ハブられて一人になった人も。

「中学のとき仲が良かったグループから急に無視されて、一時期、一人になったことがある。2人組と指示されると当然余って、奇数グループで余った子が仕方なく組んでくれる感じ。

 

あの時期が学生時代の中で、一番、つらかった」(20代・女性)

■教師はぼっちに配慮を

教師ももう少し、孤立した生徒に配慮すべきとの声もある。

「教師はもっと、ぼっちに気を遣ってほしいと思っていた。小テストで『近くの人と交換して採点』とか言われると、絶対に余る。

 

『1列目と3列目が右隣と交換』など余らない状況を作るとか、やり方は色々とあったと思うんだけど」(30代・女性)

 

「『2人組を作って』なんて、ぼっち生徒の心を引き裂くパワーワード。それなのに、平気で使う教師はなんなんだろうと思う。

 

ただでさえ休み時間の苦痛とかで気持ちが塞いでいるのに、さらなる憂鬱を作るようなことをしないでほしかった」(40代・男性)

 

■コミュ力が低い人にとっては苦痛

電話が嫌いな人は、4割以上が2人組を作るのに余った経験があると答えている。

2人組を組むのに余った経験がある傾向別グラフ

コミュニケーション能力に自信のない人には、経験者が多いのかも。

「コミュ力のない人間にとって、組織で生きていくのはつらいもの。学生生活を通してその力を身につけるために集団行動するのだろうけど、向いてない人を置いてけぼりにするところも否めない。

 

コミュ力がある人もない人も、それぞれの個性でいいはずなんだけどな」(30代・男性)

 

多様性が求められる時代だからこそ、2人組で余るような性格の人たちにも生きやすい社会になってほしいものである。

(文/しらべぇ編集部・ニャック)

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2018年12月14日~2018年12月17日
対象:全国20代~60代の男女1,664名(有効回答数)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント33

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ