【京都】こんなの初めて。「おめん」銀閣寺本店で味わう薬味つけうどん

2019/1/13 12:30 TABIZINE

tabizine.jp tabizine.jp

おめん8

ダシ文化の発達している京都は、おいしいうどんに出会える場所。京都に数あるうどん屋さんのなかでも、これまでの概念を覆すうどんに出会えるのが、銀閣寺近くに本店を構える「おめん」。おめんは、上州伊勢崎のユニークなスタイルのうどんです。薬味とともにダシに浸して食べる、新しいうどん体験が待っています。

「おめん」銀閣寺本店

おめん1

京都・銀閣寺の近くに本店を構える「おめん」は、1967年創業のうどん屋さん。おめんで食べられるユニークなスタイルのうどんの発祥の地が、現在の群馬県にあたる上州伊勢崎。「おめん」という店名は、その土地の方言である「御麺」に由来します。

京都では、銀閣寺本店に加え、四条先斗町、高台寺と、観光の合間に立ち寄りやすい場所に出店。さらに、ニューヨークにも店舗があります。

おめん2

銀閣寺本店は、名刹のある哲学の道というロケーションにふさわしい、和の情緒漂うなつかしい雰囲気の店舗。お座敷がメインの店内に足を踏み入れると、田舎の家に遊びに来たような心地よさに包まれます。

ユニークな薬味うどん

おめん3

だし文化が発達している京都には、おいしいうどんが食べられるお店はたくさんありますが、おめんのうどんはちょっと変わっています。

おめんの看板メニューが、店名を冠した「おめん」。うどんというと、薄い色のスープに麺が浸ったかけうどんが思い浮かびまずが、おめんは濃いめのダシに麺をつけて食べる、つけ麺スタイルなのです。

おめん4

しかも、単なるつけ麺ではありません。おめんのポイントとなるのが「薬味」。薬味といってもネギやショウガだけでなく、きんぴらごぼうや大根、ほうれん草、人参などのたっぷりの野菜を、ダシにつけて麺と一緒にいただきます。

一度で何通りもの味が楽しめる

おめん5

カウンターでは、おめんに欠かせない薬味が次々と準備されていきます。一人や二人など、少人数での来店なら、カウンター席に座って、料理人の手さばきを眺めるのも楽しいもの。

おめん6

薬味に使われるのは、素材本来のうまみが詰まった味の濃い野菜。それだけに、薬味をダシに浸すと少量でも味がはっきり変わるのがわかります。ごまと薬味を一種類だけ加えるのもよし、数種類の薬味をミックスしてみるのもよし。とろろ(期間限定)などのトッピングを追加注文するのもおすすめ。

おめん7

さまざまな味の変化が楽しめ、一度で何種類もの料理を食べているかのような気分になれる、いままでにない「うどん体験」です。

おめん8

つけ汁や薬味だけでなく、麺そのもののおいしさもピカイチ。おめんで出されるうどんは、100パーセント国産小麦を使用した自家製麺。季節や素材の状態に応じて水加減や塩、製麺方法を調整することで、コシのあるツルツルのうどんが生み出されています。

薬味がセットになったスタンダードなおめんに加え、天ぷらつきや、季節料理つきのおめんも人気。京都を訪れたら、知らなかったうどんの楽しみ方に出会ってみませんか。

おめん9
 

おめん 銀閣寺本店
住所:京都市左京区銀閣寺バスプール南隣
電話:075-771-8994
http://www.omen.co.jp/index.html

京都のグルメについては、『【京都一人旅特集】すべて現地取材!おひとりさまグルメからおすすめのお土産まで』もぜひチェックを!

[All photos by Haruna]
Do not use images without permission

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント8

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ