グッズは毎回売り切れ!? 『ヒプマイ』ライブの熱量がすご過ぎる~

2019/1/13 19:00 anan総研

グッズは毎回売り切れ!? 『ヒプマイ』ライブの熱量がすご過ぎる~ グッズは毎回売り切れ!? 『ヒプマイ』ライブの熱量がすご過ぎる~

『ヒプノシスマイク』で火花を散らす4ディビジョンの中でも、アブナイ魅力たっぷりの3人組、ヨコハマ・ディビジョンに注目。「クールで凶暴」と言わしめる彼らの魅力を、駒田航さんに伺いました。ananweb 編集部

ヤクザ、警官、元軍人。そんなアブナイ薫りのする3人が集まったヨコハマ・ディビジョン「MAD TRIGGER CREW」(以下「M.T.C.」)。そのメンバーの一人、入間銃兎(いるま・じゅうと)を演じる駒田さんに、「M.T.C.」のチームの魅力とそれぞれのメンバーについて語っていただきました。

――「M.T.C.」の魅力はどこにあると思いますか?

したたかで凶暴なところですね。殺傷能力が一番、高いチームだと思います。危険な言葉が並ぶリリックなのに、言わされてる感がないのは、普段から危険なことに慣れているからなのかなっていう。ヒップホップのカルチャーってもともとはアングラだから、一番合ってるんじゃないですか。キャストは年齢がちょうどよく離れていて、イケブクロ・ディビジョンが同年代の横並びだとしたら、僕らは縦一列という感じ。僕が最年少なんですが、ライブの演出などは基本的にみんなでアイデアを出し合って決めてます。「M.T.C.」は合議制なんですよ、意外と(笑)。

――昨年の3rdライブでは、リーダーの(碧棺)左馬刻(あおひつぎ・さまとき)が不在でしたが。

彼の穴を埋めなきゃいけないっていう思いはありましたね。現実的な話で言えば、これから常にメンバー全員が揃ってライブに出られるとは限らないので、3回目のライブにしてそれが来たっていうのは、経験として僕らにとってはよかったのかもしれないとも考えています。左馬刻のパートは僕と(毒島メイソン)理鶯(ぶすじま・メイソン・りおう)役の神尾(晋一郎)さんとで分けたんですが、あくまで銃兎と理鶯として、このフレーズはどっちが言ったらいいか考えて割り振りました。でも僕らが左馬刻になるのは無理だし、やったら失礼かなというのもあるし。歌詞を替えたのはバトル曲だけなんですが、バトルで生まれてくるリリックなのに銃兎が「俺が左馬刻さまだ」って言うのはちょっと違うなと思って。そこは銃兎として「奴に様をつけろ」と歌いました。

ananweb 編集部

――当日はすごい熱量でしたね。

みんなが一斉に手を挙げて一緒に歌詞を口ずさんでくれたり、真剣にステージを観てくれている光景を見る時が一番嬉しいですね。ヒプマイのライブには、ペンライトの代わりに、リングライトという指輪が光るタイプの応援グッズがあるんです。それが、毎回売り切れるくらい人気で。客席を見ていると、手や腕に15個くらい大量に、どうにか工夫してつけて武装してる人がいたりするんですよ。その熱量すげぇ! って思います。あと、押されて苦しそうな顔をしている子を見ると、やっぱり心配にはなります。

――先日のライブでも銃兎が客席に向かって「一歩下がって!」って注意喚起してましたね。

世界観が壊れるような注意は萎えてしまうので、銃兎ならこう言うだろうという感じで言いました。楽しかったっていう気持ちだけを持ち帰ってほしいので、これからも安全にいきたいです。ヒプマイのライブは怖いから行きたくないとはならないようにしたいんです。

――今後やってみたいことは?

これはずっと言ってるんですけど、360度を客席に囲まれたステージでやりたいです。一般的なステージだと一方通行になってしまいますが、全方向をお客さんに囲まれると、より“生”感がありますよね。あとは、すごく大きな会場でやるよりも、今のサイズ感のままで地方にも行きたいです。海外も行きたいですね。アジア各国で盛り上がってるという話を聞いたので、海の向こうのファンの前でもライブがしたいです!

こまだ・わたる 9月5日生まれ。ドイツ出身。2013年に声優デビュー。アプリゲーム「アイドルマスター SideM」の古論クリス役や「あんさんぶるスターズ!」の椚章臣役などで歌唱力に定評あり。アニメや映画の吹き替えのほか、『Anison Days』『news zero』『世界・ふしぎ発見!』等のナレーターも務める。外国語が堪能。

スーツ¥84,000 シャツ¥13,000 タイ¥8,000(以上オア グローリー) ヴィンテージのコート¥32,000 時計¥28,000(オリエント) リング¥15,000(ライラック)以上オア グローリー神宮前店 TEL:03・3423・9368 眼鏡¥54,000(アイヴァン 7285/アイヴァン 7285 トウキョウ TEL:03・3409・7285) ベスト、シューズはスタイリスト私物

©King Record Co., Ltd. All rights reserved.

※『anan』2019年1月16日号より。写真・小笠原真紀 スタイリスト・藤長祥平 ヘア&メイク・shibuya(vitamins) 取材、文・尹 秀姫

(by anan編集部)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント0

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ